三浦友和との結婚が決まったとき、誰が山口百恵を引退させたのか

By -  公開:  更新:

俳優の三浦友和が、黒木瞳がパーソナリティの番組「あさナビ」(ニッポン放送)に出演。
俳優になった経緯と山口百恵との結婚について語った。

黒木)今週のゲストは、現在公開中の映画『インクレディブル・ファミリー』日本語吹き替え版で一緒に夫婦役を演じている、俳優の三浦友和さんです。
20歳が俳優デビューということですよね。今年で俳優として47年目。最初は音楽を志していたのですか?

三浦)そうです。高校の同級生に忌野清志郎がいて。その辺で、彼らが天才なのに気付かず「自分もできるのでは?」と勘違いするわけです。

黒木)勘違いじゃなかったかもしれないですけど、ね。

三浦)音楽でやっていきたいなと勘違いして、彼らのレコーディングとか付き合っていると本当にスタジオミュージシャンのスゴさとか、分かってしまう。「これはダメだ! どうしよう!」となっているときに、そこのマネージャーが「何か他のことをやったら」と声をかけてくれて、この道に来ているのです。

黒木)それまでお芝居とかは?

三浦)何もしたことありません。ただ、柄だけで選ばれました。

黒木)2枚目だから?

三浦)「紅顔の美少年」だったのですよ(笑)。
宇津井健さんがやっていた番組で『ザ・ガードマン』というのがあって。その後番組でデビューしました。保険の調査員みたいな役でした。もちろん宇津井さんが主役で、いちばん若手役が僕でした。

黒木)宇津井さんということは、奥様の、私たちにとっては「百恵ちゃん」も『赤いシリーズ』で競演していましたよね。

三浦)それからまた縁があって。

黒木)その辺からも縁がつながっているのですか?

三浦)そうですね。『赤いシリーズ』というのがあって。全部デビューからプロデューサーが一緒ですから。そんなことで始まるのですけどね。映画で一緒になって、テレビでも一緒で、みたいなことがあって。CMも一緒で、年間10カ月くらいずっと一緒でした。そりゃあ結婚しますよね(笑)。

黒木)「結婚したらやめてください」と言ったのは、友和さんですか?

三浦)いいえ。(山口百恵さんが)「やめる」と言ったのです。

黒木)「やめない方がいい」とか、止めなかったのですか?

三浦)止めなかったけれど、迷いました。そういう位置じゃないと思ったし、そんなこと簡単にできるわけないと思っていたし。まだ20代だったけれど、才能の豊かさとか、感じていたし。だから、そんなことを受け入れていいのか迷いました。だから、「ちょっと待って。考えさせて」と言いました。


三浦友和/俳優

1952年 山梨県生まれ。
1972年ドラマ『シークレット部隊』で俳優デビュー。
1974年初の映画『伊豆の踊子』に出演し、第18 回ブルーリボン賞新人賞を受賞。山口百恵さんとは、ドラマ『赤いシリーズ』ほか、多数の映画やドラマ、CMで共演。
1980年に結婚。2人の息子さんはシンガーソングライター・俳優として活躍。
その後も『M/OTHER』『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ、『沈まぬ太陽』など映画を中心に多くの作品に出演し、数々の映画賞を受賞。
2012年には紫綬褒章を受章。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top