声優・中島愛、驚きの自宅の様子を明かす「最低限の生活用品しかない!」

By -  公開:  更新:

2月4日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、2月3日にニューアルバム『green diary』をリリースした声優・歌手の中島愛が出演し、自宅の様子について語った。

アニメ『マクロスF』のランカ・リーや、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』シャルロッテ役などで知られる中島愛。実は昭和の歌謡曲が大好きで、それにまつわるレコードや本を大量に収集しているという。それらをいったいどのように管理しているのか。実情を明かした。

吉田尚記アナウンサー:最近はアメリカではCDの売り上げをレコードが抜いたというニュースがあったり、音楽好きにはレコードブームだったりするわけですけど、昭和歌謡曲マニアの中島さんは昔からレコードを大量に集めてたんですよね?

中島:ブームとは関係なく集めてましたね(笑)

吉田:それは自分を抑えきれなくて?

中島:そうですね、衝動に身を任せてたら集まっちゃうレコード達……

吉田:そういうのって捨てるの難しいと思うんですけど、それは中島さん、どうやって管理しているんですか?

中島:私は例えばお洋服とか、持ってる数が極端に少ないんですよ

吉田:え! そうなんですか!?

中島:レコードとか本のために家を借りているというか……。家の中のほとんどのスペースがレコードとか本の収納にあてられてて、あとは最低限の生活用品しか家にないんですよ(笑)

吉田:それはレコード室じゃないですか(笑)

自宅のほとんどをレコードや本が占め、それ以外は最低限の生活用品しかないと語った中島。また、中島はどれだけレコードや物が増えていっても「断捨離する気にはならない」そうで、たとえ同じ物だとしても傷の付き方などが異なる1点物であるため、捨てることは考えられないという。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」


Page top