YOASOBI・Ayase、学生時代は“ピンク”と“金色”「俺、本当にヤバかったから」

By -  公開:  更新:

4月13日(火)深夜、コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる音楽ユニット・YOASOBIがパーソナリティを務めるラジオ番組「YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・毎週火曜24時~24時53分)が放送。学生時代や青春時代に流行ったものを振り返る、番組コーナー『我等友情永久不滅』で、「穴の数が多いベルトが、急に流行りだした」という内容のメールを紹介。Ayaseも、自分も持っていたと懐かしみ、学生時代の服装について語った。

Ikura:私はそのベルト、見たことないかも。

Ayase:縦に2個穴が空いていて、それがずらーっといっぱい穴のあるベルトで。

Ikura:それがカッコいいみたいな?

Ayase:カッコ良かったのかもね。俺の持ってるベルトも、たぶん、そう。

Ikura:私、制服じゃなかったから……。

Ayase:(実物の画像を見て)あー、それそれ!

Ikura:あ、見たことある、これか~! なんか、虫みたいだねぇ!

Ayase:おいおい! 虫みたい!?

Ikura:怒られちゃった。申し訳ない(笑)

Ayase:確かに、当時はこれがすごく流行って、みんなしていた気がする。学校には基本的に制服を着て行くわけじゃん? その中で遊べるのが、鞄、ベルト、靴、靴下。インナーとか、カーディガンを何にするとか。

Ikura:うん。

Ayase:俺、真っピンクのカーディガン着てたから。

Ikura:うっわ、着てそ~!

Ayase:ぶかぶかのカーディガンを。

Ikura:なんか、人とは違う色をチョイスしてそう。

Ayase:俺、本当にヤバかったから、ピンクのカーディガンに、金色のハイカットのスニーカーを履いてました。

Ikura:ピチピチだったら(オードリーの)春日さんだね。

Ayase:……そういうことだね。

学生時代、真っピンクのカーディガンに、金色の靴を履いて登校していたというAyase。「おしゃれかどうかというよりは、目立っていたらカッコいいと思っているから!」と、当時の心境を説明。他の人が持っていない物、変わった色のものを選びたくなるお年頃だったそうだ。

Ayaseの「真っピンクのカーディガン」について、「うっわ……」と反応していたikuraだが、後に自分も中学校の入学式でピンクのカーディガンを着ていたと告白。笑いながらAyaseが「一緒じゃん!」と突っ込み、同じ感性だったことが判明した。

番組情報

YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)

毎週火曜 24:00 - 24:53

番組HP

コンポーザーのAyaseと、ボーカルのikuraによるクリエイターユニット。昨年は大ヒット曲『夜に駆ける』で紅白歌合戦にも出演したYOASOBIが火曜日のパーソナリティを担当します。Ayaseがアレンジした、『Bitter Sweet Samba -Ayase Remix-』が、番組のオープニングテーマとしてオールナイトニッポンXの全曜日で流れます!

また、番組はバーティカルシアターアプリ「smash.」でも映像付きで楽しむことができます。

音声でも映像でもお楽しみください!


Page top