霜降り明星・粗品「オモろい人しかいない」IPPONグランプリ特有の緊張感を語る

By -  公開:  更新:

5月14日(金)深夜、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品とせいやがパーソナリティを務めるラジオ番組「霜降り明星のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。芸人大喜利王決定戦「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)の難しさについて語る場面があった。

5月22日(土)に放送される「IPPONグランプリ」。粗品は2回目の出演となるのだが、前回出演時は最下位だったため、今回は対策を練って、参戦したという。

粗品:1回目は振るわなくて。

せいや:そんなことはないですけどね。

粗品:それこそ、このラジオリスナーにコテンパンに言われまして。

せいや:はいはいはい……。順位、何位でしたっけ?

粗品:Bブロック、最下位。最下位でした。

せいや:振るってないやないか!

粗品:ダサい? 最下位。

せいや:ダサ過ぎるやろ!

粗品:お前も最下位やないかい!

せいや:俺も最下位や。何も良さが出なかったわ、あの日。(せいやも過去に1度、出演している)

粗品:……っていうコンビなんですけど(笑)

せいや:自分でも自分が嫌いになったわ。あの日。

粗品:ははははは(笑)

せいや:力が出せないよな。あの空間。

粗品:子供やからな、俺ら。27~28歳は子供。

せいや:すごいよな、あの現場。

粗品:オモろい人しかいないからな。オープニングの格好いい映像があるじゃないですか?僕はね、撮り直したかったんですよ。でも、前と同じ素材でいくと。

せいや:なるほど。

粗品:前の俺、めっちゃ、イキってるねん。両手をポケットに入れて。

せいや:ああ~翼のやつか。

粗品:俺、翼をもうちょい、小さくしてほしいな……って思ってました。

せいや:子供の翼に?(笑)

粗品:子供の翼にしてもらわないと割が合わないぐらい、イキっていたから。前は最下位だったから。

せいや:はいはいはい。

粗品:今回はまあ、見てください。

せいや:優勝とかしたら、すごいことになるからね。

粗品:確かにな。優勝したら、とんでもないな。このIPPONグランプリに向けて、体調を整えるとか。そういうのもやったし。フリップを出す、練習をしたわ。大喜利なんて経験がないからな。フリップに書いて、読み上げながら出す練習をして。

せいや:あれ、経験値がめちゃくちゃ大事ですね。

粗品:ね。

せいや:本番でフリップを出す能力。あれ、付け焼き刃はバレるよな?

粗品:バレる。しかもこれ、出た人にしかわからんけど、変な机なんですよ。あれ。書きにくいねん(笑)

せいや:そう!

粗品:右に回答ボタンがあって、左に写真で一言ルーレットを止めるボタンがあって。横幅もまず、限られている。で、(フリップを)地べたにベタッと置きたいなと思ったら、自分が何本取ったかっていうデジタル数字が出るんですよ。それがちょっと出っ張ってるねんな。平らに置けない、フリップを。

せいや:バカリズムさんとかが絵を描くのは、相当、技術がすごいよな?

粗品:絵の人は、ホンマにすごい!

せいや:あれ、ホンマにすごいよ。描きにくいんですよ。ほんで、緊張でボーっとするしね。

粗品:ボーっとする。聞こえないもんね、人の回答が。

せいや:ホンマ、恐ろしかった。向き不向きがあるから。もう、諦めたけど。粗品さん、頑張ってくださいよ。

粗品:いや、もうやることはないですよ。収録は終わったし。

せいや:そうか。

粗品:もうあとは、発射されるのを待つだけ。世の中に。22日でしたっけ?

せいや:オンエアがね。

IPPONグランプリのオープニング映像では、出演者に翼が合成された画像が表示されるのがお馴染みだが、その画像は恥ずかしいので撮り直したいと語った粗品。一方のせいやは、現場の緊張感がすごいため、経験値が大事だと話し、粗品もそれに同調していた。

番組情報

霜降り明星のオールナイトニッポン

毎週金曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

アグネス・チャンが好きなせいやと実家が焼肉屋さんの粗品。仲良しコンビ「霜降り明星」がビッグシティ東京で感じた事を語り、紡ぎ、一本の糸にし、それでセーターを編んでいくぽかぽかラジオ!


Page top