「【池袋暴走事故公判】飯塚幸三被告が「逮捕」でなかった理由」に戻る

死亡した母子のために設けられた献花台 東京都豊島区南池袋(2019年4月28日撮影、2021年4月時点では撤去済み)
死亡した母子のために設けられた献花台 東京都豊島区南池袋(2019年4月28日撮影、2021年4月時点では撤去済み)
事故現場で実況見分に立ち合う旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(中央)=2019年6月13日、東京都豊島区 写真提供:時事通信社
事故現場で実況見分に立ち合う旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(中央)=2019年6月13日、東京都豊島区 写真提供:時事通信社
「軽い罪で終わらせない」  飯塚幸三元院長の書類送検を受け記者会見する男性(中央)。東京・池袋の暴走事故で妻の松永真菜さんと長女莉子ちゃんを亡くした=2019年11月12日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ 写真提供:共同通信社
「軽い罪で終わらせない」  飯塚幸三元院長の書類送検を受け記者会見する男性(中央)。東京・池袋の暴走事故で妻の松永真菜さんと長女莉子ちゃんを亡くした=2019年11月12日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ 写真提供:共同通信社

この記事の画像(全3枚)

死亡した母子のために設けられた献花台 東京都豊島区南池袋(2019年4月28日撮影、2021年4月時点では撤去済み)
事故現場で実況見分に立ち合う旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(中央)=2019年6月13日、東京都豊島区 写真提供:時事通信社
「軽い罪で終わらせない」  飯塚幸三元院長の書類送検を受け記者会見する男性(中央)。東京・池袋の暴走事故で妻の松永真菜さんと長女莉子ちゃんを亡くした=2019年11月12日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ 写真提供:共同通信社

記事本文に戻る

Page top