黒木瞳、娘の家庭教師だった山口真由と対談 ~挫折の末にハーバードで出会った「家族法」

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(6月29日放送)に信州大学特任教授・NY州弁護士の山口真由が出演。財務省を辞めてニューヨークへ行った経緯、また、ハーバードで出会った「家族法」について語った。

山口真由(やまぐち・まゆ)/ 信州大学特任教授・NY州弁護士

画像を見る(全3枚) 山口真由(やまぐち・まゆ)/ 信州大学特任教授・NY州弁護士

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。6月28日(月)~7月2日(金)のゲストは、黒木の娘の最初の家庭教師を務めた、信州大学特任教授・NY州弁護士の山口真由。2日目は、挫折の連続の末に出会った「家族法」について---

黒木)大学卒業後は財務省に入られましたが、それは夢だったのですか?

山口)小学校5年生のときに雅子さまの御成婚を拝見してから、「これほど気品があって頭のいい方がいらっしゃるのか」と思いました。それから霞が関を目指すようになりました。

黒木)どの省に入るというのは選べるのですか?

山口)マッチングのようなものがあって、私は財務省の雰囲気と自分自身の思考が合っているような気がして財務省に入りたいなと思いました。

黒木)自分と合うというようなことを仰っていましたね。その念願の財務省を2年でお辞めになるのですが、その辺りを伺ってもよろしいですか?

山口)財務省という組織は基本的には集団で働くこと、それから事務処理能力は勿論ですが、政治家との交渉をする「切った張った」の世界なのですね。私は1人で自分の分野の仕事をするのが好きなのですが、特に政治が変わると、いままで計画していたものが崩れて行ってしまうのです。そのような不合理に自分は耐えられないタイプの人間でした。小さな自分の花園をどうしても守りたいタイプの人間なのだな、と気づいてしまったのです。

黒木)それで2年でもう辞めようと決心なされたのですね。

山口)そうですね。辞めようと思いました。

黒木)そのときご両親は何とおっしゃいましたか?

山口)両親は最終的には、「真由が選んだことなのだから自分の責任で取りなさい」と。「あなたが選んだことは、あなたが最後責任を取れるのなら、それでいい」と言われました。

黒木)それからニューヨークへ、ハーバードへ行かれたのは、何かご自身の思う野心のようなものがあったのですか?

山口)実は財務省のときも、弁護士のときも、勉強にフィットしたほどそこにハマっていないのではないかと思っていました。「自分が評価されていない」ということに対して不満を覚えるようになったのです。ニューヨークへ行ったことは、新しい挑戦というよりは、逃げるようにニューヨーク州に向かったというところはあります。「私の場所はここではない、私の場所はここではない……」と、自分を評価してくれる場所を探し続けてしまいました。

黒木)あちらでも仕事をなさっていたのですか?

山口)そこでは仕事をしないで帰って来てしまったのですが、ハーバードで暇つぶしに取ったはずのある授業で衝撃を受けて、「私にとってはこれが最後の扉だったのだな」と思ったのです。

黒木)それは何ですか?

山口)家族法の授業だったのです。

黒木)卒論が家族法だったそうですね。

山口)はい。

黒木)新しい著書のなかにも書かれていますが、そこへ自分が行って、その扉を開けようと思われたのですね。

山口)すべての扉を叩き続けた十数年間で、とても辛くて傷ついたのですが、最後に、「ああ、このために、いままでの挫折の繰り返しがあったのだな」と思いました。

山口真由

山口真由(やまぐち・まゆ)/ 信州大学特任教授・NY州弁護士

■1983年。北海道出身。
■東京大学法学部に進学し、3年生在学時に司法試験を突破。「法学部における成績優秀者」として総長賞を受けて卒業。
■卒業後、2006年に財務省へ入省。2008年に退官。その後、2015年まで弁護士として主に企業法務を担当。
■2015年9月、ハーバード・ロースクールに留学し、2016年に修了。
■2017年、ニューヨーク州弁護士登録。
■帰国後は東京大学大学院法学政治学研究科博士課程に進み、日米の家族法を研究。
■2020年、博士課程を修了。2021年より信州大学特任教授。
■テレビ出演・著書多数。近著に『「ふつうの家族」にさようなら』(KADOKAWA)、『人生の武器になる「超」勉強力』(斉藤孝・中野信子共著/プレジデント社)がある。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳


Page top