「悪いことはしない」アンパンマン役・戸田恵子とまる子役・TARAKO、長寿アニメの主役を演じる心がけ

By -  公開:  更新:

声優のTARAKOが、8月29日(日)に放送された、女優で声優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)にゲスト出演。アニメ『ちびまる子ちゃん』まる子役のTARAKOと、『それいけ!アンパンマン』アンパンマン役の戸田が、主役を演じる心がけ、収録日が昔からずっと変わらず固定であること、台本を事前にもらわない理由などを明かした。

アニメ『それいけ!アンパンマン』が始まったのは1988年で、その2年後にアニメ『ちびまる子ちゃん』がスタート。『それいけ!アンパンマン』は33年、『ちびまる子ちゃん』が31年と続いており、どちらも長らく愛されている。

戸田:アンパンマンの収録はずっと月曜日に収録をしているんだけど、月曜日に収録すると決めてから変えようがなく……。

TARAKO:私たちは金曜日です。ずっと金曜です!

戸田:大抵は日曜日に千秋楽を迎えるから、月曜日の朝の仕事は、本当に、「やめて~!」って感じで(笑)

TARAKO:ずっとですよね? ずっと33年間(月曜日に収録をしている)……。

戸田:ずっと、ずーっと!(笑)

TARAKO:そうですよね、でも、うちもたぶんずっと(金曜日収録は)変わらないと思います。

戸田:そうなんだ。よそ様がそうなら、ちょっと文句は言えないかぁ……(笑)

TARAKO:ただ、うちは金曜日の午後収録なので。

戸田:たらちゃん(TARAKO)は主役としてずーっと30何年とやっているわけだけど、主役の声優をやっていて何か心がけていることはありますか? これだけは絶対、みたいな。

TARAKO:「悪いことはしない!」ということですね(笑)

戸田:あはははは(笑)

TARAKO:悪いことしたら番組に迷惑をかけちゃうから、それはもう、絶対じゃないですかね? 日頃の行いも気を付けるということが、私は一番……。誰が見ているか分からないし、神様も見ていると思うので!

戸田:それはそうですよね。もともと悪いことはしていないけど、それはありますよね!

TARAKO:そうですね。

戸田:たらちゃんは毎週の『ちびまる子ちゃん』の台本ってどうしています?

TARAKO:絶対にもらわないです! 当日頂いています。どうしても私は、すけべ心があって、『ここは面白く読もう』とか考えちゃうので。だから絶対に、前もって何も欲しくなくて。当日に現場に行って、台本を見て、『おおっ! こうなるのか!』と自分でもびっくりしたりして。

戸田:私もそっち派です。

TARAKO:ですよね、絶対にそうだと思った!

戸田:それってどうなのかな? とは思いながらも、私もぜんぜんもらわないです。台本は当日もらいます。

TARAKO:その方が良くないですか? なんか……。

戸田:そうですね。それぐらいでちょうどいいと思っているの。それ以上多くのことをするのも変だし、する必要もないし、ドンピシャでそこで行ける自信が、みんなもあると思うから。うちのアンパンマンチームはたぶん、誰も事前に台本をもらっていないと思う。

TARAKO:本当ですか!? おー、すごい!

戸田:もしかしたら、その方が(番組が)長く続くことに繋がるのかもしれない。あんまり勉強しすぎてもね。その辺のさじ加減は難しいけどね。

この他にも番組では、2人がまだ新人声優だった頃の作品のことや、“まる子”のオーディション秘話、原作者である故・さくらももこさんへの思いについても語った。

戸田とTARAKOはずいぶん前からの知り合いだが、じっくり話したのは初めてだったという。戸田は番組エンディングで、「今日話して分かったんですけど、『お互い、悪いことはできないね!』って、悪いことって何なんだ? って話ですけど、悪いことしたくなったら辞める時だなっていうことを、2人で意見をすり合わせたところでございます」と笑いながらコメント。これからも、一本でも多く作品を届けていきたいという思いも語った。

番組情報

戸田恵子 オトナクオリティ

毎週日曜 14:00-14:30

番組HP

女優・戸田恵子が大人のクオリティ・オブ・ライフ(上質で豊な生活)をエンジョイするための「人・モノ・コト」にフォーカスする番組です。
大人の会話が弾むプチトリビア、大人が生活に取り入れたくなる情報をお届けする30分。ぜひお付き合いください。


Page top