大久保嘉人 妻はライバルチームの監督のお嬢さんだった

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月28日放送)にサッカー元日本代表の大久保嘉人が出演。奥様である莉瑛さんとの馴れ初め、また、今後の活動について語った。

大相撲 立ち合いは真正面から白鵬へ当たっていった大久保嘉人(右)。もちろんメモリアルコンビの取組は白鵬に軍配。 撮影日:2016年04月13日 撮影場所:神奈川県 川崎市とどろきアリーナ 写真提供:産経新聞社

画像を見る(全4枚) 大相撲 立ち合いは真正面から白鵬へ当たっていった大久保嘉人(右)。もちろんメモリアルコンビの取組は白鵬に軍配。 撮影日:2016年04月13日 撮影場所:神奈川県 川崎市とどろきアリーナ 写真提供:産経新聞社

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月24日(月)~1月28日(金)のゲストはサッカー元日本代表の大久保嘉人。5日目は、奥様との馴れ初め、今後の活動について---

黒木)「奥様の支えがあってこその大久保家」だと勝手に言わせていただいていますが、

大久保)その通りです。

黒木)中学生(国見中)時代のライバルチーム(島原第一中)の監督のお嬢さんだったのですね。

大久保)その弟が国見高校の1つ下の後輩です。

黒木)長崎の。

大久保)サッカー部の後輩でした。不思議な縁ですね。

大相撲 体重155キロの白鵬(右)にぶん投げられて、土俵下へ吹っ飛んだ体重73キロの大久保嘉人 撮影日:2016年04月13日 撮影場所:神奈川県 川崎市とどろきアリーナ 写真提供:産経新聞社

大相撲 体重155キロの白鵬(右)にぶん投げられて、土俵下へ吹っ飛んだ体重73キロの大久保嘉人 撮影日:2016年04月13日 撮影場所:神奈川県 川崎市とどろきアリーナ 写真提供:産経新聞社

黒木)著書の『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』のなかでも、奥様の話が出て来ますが、さっぱりなさって、頼もしい存在でいらっしゃいますね。

大久保)すごく頼もしい。自分がこういう性格だったので、本当に助かっています。

黒木)「こういう性格」というのは、サッカーをやっていらっしゃる大久保さんではなく、オフのときの、スイッチ入っていないときの大久保さん。とても寂しがり屋で、泣き虫で、センチメンタルな男の子なのですね。

大久保)そうなのですよ。スイッチが入っていないときは。

黒木)それを「ドン」と受け入れて包んでくださっているという感じですね。

大久保)そうですね。本当によかったです。

黒木)4人も男の子がいらっしゃるということで。

大久保)本当は女の子が欲しいなと思っていたのですが。

黒木)しかし男の子4人はすごいですね。

大久保)楽しいです、毎日。

黒木)食べる量もすごいでしょう?

大久保)すごい量を食べますし、家のなかでは常に喧嘩があったり、穴が開いていたりします。いちばん下の子は落書きをどこにでもします。うるさいけれど、楽しい。

大久保嘉人

大久保嘉人

黒木)これからサッカーをご指導なさったり、解説なさったりなさるでしょうが、違う分野でも挑戦して行きたいという目標があるのですね。

大久保)サッカーよりも、違う分野に挑戦したいですね。サッカーしかして来ていないので、いろいろ勉強したいと思います。

黒木)太刀魚の煮つけが得意料理になったということですが、そちらの分野でも。

大久保)そこまでつくれるようになったのですが、「すごく楽しい、いいな、やりたい、もっとやりたい」とは思わないのです。でも、太刀魚の煮付けであれば、誰にでも食べさせられるとは思います。

黒木)奥様にもつくったのですか?

大久保)いいえ。まだです。子どもたちにも1回食べさせたいですね。

黒木)去年(2021年)突然引退されましたが、もう未練はないですか?

大久保)まったくないです。

黒木)潔いですね。

大久保)せっかくだから、違うこともしないともったいないと思ってしまうのです。

黒木)ぜひまた、サッカーも指導者として、携わって欲しいと思います。参考にされている指導者の方はいらっしゃるのですか?

大久保)J-リーグでやらせてもらったときに、風間八宏さんという監督がいたのですが、自分がやりたいサッカーだったので、面白かったですね。風間さんみたいになりたいと思いますけれど、ほど遠いです。

「俺は主夫。 職業、 現役Jリーガー」大久保嘉人/講談社・刊

「俺は主夫。 職業、 現役Jリーガー」大久保嘉人/講談社・刊

大久保嘉人(おおくぼ・よしと)/ サッカー元日本代表

■1982年6月9日生まれ。福岡県出身。
■国見高校(長崎)3年生の時に「高校3冠」を達成し、インターハイと高校選手権では大会得点王を獲得。
■2001年にJリーグ「セレッソ大阪」でプロキャリアをスタートさせると、闘争心溢れるプレーで存在感を発揮。
■2003年に日本代表デビュー、2004年にはU-23日本代表の一員としてアテネ五輪に出場、2010年には南アフリカ・ワールドカップ・ベスト16進出に貢献。
■マジョルカ(スペイン)、ヴォルフスブルク(ドイツ)でのプレーを挟みながらヴィッセル神戸に通算6シーズン在籍後、2013年に川崎フロンターレに移籍。2013年以降、史上初のJリーグ3年連続得点王の偉業を達成した。
■2021年のシーズンから古巣・セレッソ大阪に復帰。歴代最多・J1通算191得点。
■2021年11月19日に現役引退を発表。
■2004年に妻・莉瑛(りえ)さんと結婚。長男・碧人(あいと)、次男・緑二(りょくじ)、三男・橙利(とうり)、四男・紫由(しゆう)。4人の男の子のお父さん。
■ラストシーズンとなった2021年には三男・橙利くんと大阪で2人暮らし。

2021年11月に著書『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』(講談社)を出版。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top