まもなく発売「Xperia 1 IV」のここがスゴイ! ポートレートに最適な“光学ズーム”や「Music Pro」など新機能が続々

By -  公開:  更新:

5月15日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、5月11日に発表された「Xperia」シリーズの新製品「Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)」について詳細を語った。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。現在発売中の「Xperia」製品の中では、「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」「Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)」「Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)」「Xperia PRO-I(エクスペリア プロ-アイ)」、「Xperia」専用のVRゴーグル「Xperia View(エクスペリア ビュー)」などが注目されているが、先日5月11日にそれに続く新製品が発表された。

また、今回番組ではゲストにアイドルの根本凪を迎え、吉田が新製品「Xperia 1 IV」の機能について解説した。

吉田:今までも既にいろんな機能が付いていた「Xperia 1 III」なんですが。「Xperia 1 IV」では、望遠レンズが、ポートレート(人物写真)を撮るのに最適な85mmに進化しました。今まではステップズームっていって、85mmの次は105mmとか、すぐ切り替えちゃうものだったんですけど、85mm~125mmの間で、カメラの専用機と同じ、光学ズームを載せてまいりました。

根本:光学ズーム!?

吉田:ポートレートって、構図がすごい大切なんですよ。構図のために画質を……っていうのは“トリミング”っていうのをするとできるんですけど、それをやると画質が落ちちゃうわけですよ。でも、構図を優先しつつ、同時に画質もそのままでいけるのが“光学ズーム”なんです。

根本:すご~い!

吉田:これをスマホに積みました!しかも、大人気のリアルタイム瞳AF。今まで標準レンズのみで使えていた機能なんですけど、ズームレンズも含めて(全てのレンズで)使えるようになりました。「Xperia 1 IV」、印象的且つ美しいポートレートのためには最強です。搭載された3つのレンズ全てで4K120fpsのハイフレームレートと5倍のスローモーション動画撮影が可能になっていて、4K120HzのHDR対応有機ELディスプレイを搭載。さらに、明るいところで見やすくなる画面の最大輝度も50%ほど向上していまして、屋外で撮影するときも画面がクリアに見えるというのもあります。

根本:お~!

吉田:さらに音も進化してまして、「Music Pro」という機能も搭載されました。「Xperia 1 IV」で録音した音をクラウドにアップすると、自動処理で音質をアップして、もう一度ダウンロードできるんです。スタジオで録ったみたいな音が録れます。しかも、スピーカーの構造もまた見直されまして、ベースやバスドラムなど低音域の再現性が高まり、より迫力の増した音楽が、「360 Reality Audio」でさらに迫力を増して楽しめます。

カメラ、画面、音楽などの様々な機能がさらにパワーアップした新製品「Xperia 1 IV」の魅力を語った吉田。早くも6月には発売が予定されているとのことで、それを聞いた根本は「嬉しすぎる!」と喜んでいた。

さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、階段の手すりを飛び越えた様子の吉田を、「Xperia 5 III」に搭載されている「Photography Pro」を使用して撮影したもの。瞳AFの精度が高いため、シャッター優先のモードにし24mmレンズで連射しただけで、このような写真が撮れるという。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top