「川村さんが助けてくれた」41歳・和田毅、恩人との絆

By -  公開:  更新:

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、9月15日の楽天戦で今季6勝目を挙げ、チームのマジック初点灯に貢献した福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手と、亡くなった恩人との絆にまつわるエピソードを紹介する。

【プロ野球楽天対ソフトバンク】お立ち台 2年前に急逝したコンディショニング担当スタッフの川村隆史さんのユニホームを手にする、ソフトバンク・和田毅=2022年9月15日 楽天生命パーク 写真提供:産経新聞社

『川村さんの命日に昨年は勝つことができなかった。勝ちたいということで、自分のピッチングを川村さんが助けてくれたんだと思います』

~『日刊スポーツ』2022年9月15日配信記事 より(和田のコメント)

シーズン終盤になっても上位3チームが僅差で競り合うという、史上稀に見る大混戦となった今季(2022年)のパ・リーグ。ここにきて5連勝と頭一つ抜け出し、優勝マジックを点灯させたのはソフトバンクでした。

その立役者となったのが、41歳のベテラン左腕・和田毅です。15日、敵地で行われた楽天戦に先発し、5回・93球を投げて4安打無失点・4奪三振の好投を見せました。

一方、打線も和田を援護。2回、1死満塁のチャンスに中村晃の犠飛で1点を先制すると、3回には三森の三塁打、今宮のタイムリー二塁打、柳田の19号2ランで3点を追加。5回にも代打・柳町の2点タイムリーが飛び出し、5回終了の時点で6-0。終盤、楽天も反撃しますが、ソフトバンクが逃げ切り、7-3で快勝。「優勝マジック11」を初点灯させました。

また、和田はこれでNPB通算149勝目。節目の150勝に王手を掛け、チームをV奪回へ前進させる大きな1勝でした。

今季はコロナ禍に加えて故障者も相次ぎ、ベストメンバーがなかなか組めなかったソフトバンク。下位に低迷していてもおかしくない状況でしたが、その危機を、藤本監督の絶妙な選手抜擢(二軍本拠地の地名から「筑後ホークス」とも)でしのぎ切りました。

和田も何度か登録抹消されましたが、開幕からローテーションの一角を担い15試合に登板(1試合だけ中継ぎ、あとはすべて先発)。6勝を挙げてくれたのは、藤本監督にとって「ありがとう」の一言でしょう。何より和田は優勝経験も豊富で、勝ち方を知っているピッチャー。若手にとっても心強い存在です。

その和田にとって、先発機会が回ってきた15日の試合は「是が非でも勝ちたい」という試合でした。2年前、クモ膜下出血のため55歳の若さで急逝した、ソフトバンクの元コンディショニング担当・川村隆史さんの命日だったからです。

川村さんは大阪出身で、大阪体育大学を卒業後、ダイナミックスポーツ医学研究所を経て、1992年、福岡ダイエーホークス(当時)のトレーナーに就任。1996年~2015年まではコンディショニングコーチ、2016年以降はコンディショニング担当として、実に29年間にわたり、選手たちのコンディション・体調管理にあたってきました。

どの球団にもコンディショニング担当のスタッフはいますが、川村さんは異色の存在でした。豊富な経験と深い知識に加え、関西人らしい陽気なキャラクターでチームのムードメーカーも買って出るなど、どの選手からも愛される存在だったのです。

工藤公康・ソフトバンク前監督も、西武からダイエーに移籍した際、川村さんに世話になった1人です。47歳まで現役でプレーした工藤氏。ダイエー時代、川村さんにトレーニング方法などを相談したことが大いに役立ちました。川村さんが亡くなった当時、監督だった工藤氏はこうコメントしています。

『(監督として)戻ってきても、代わらず頑張られているんだなと、一緒にやるのを楽しみにしていた。年齢的に近いだけに、彼の元気が僕の元気にもなっていた。こういう形でお別れしなくちゃいけないのがつらい。今日は試合どころではなかった』

~『西日本スポーツ』2020年9月16日配信記事 より ソフトバンク・工藤監督(当時)のコメント

勝負に徹するタイプの工藤前監督に「試合どころではなかった」と言わせるほど、川村さんはチーム内で大きな存在でした。選手たちには訃報を伏せ、試合後のミーティングで初めて伝えた工藤監督。もし試合前に伝えていたら、チーム内に動揺が走り、本当にゲームどころではなかったかも知れません。

『みんな世話になっている人たちばかり。心の傷もあるだろうし、涙する人間も多かった』

~『東スポWeb』2020年9月17日配信記事 より 工藤監督(当時)のコメント

和田も、川村さんに世話になった1人でした。プロの体のつくり方や、長くプレーするためのトレーニング方法を教わったことが、41歳になったいまも第一線で投げているベースになっています。

メジャーでは故障も経験。5年ぶりにソフトバンクへ復帰した2016年、自分の体のことをよく知っている川村さんが、まだチームにいてくれたことは和田にとって何より心強かったでしょう。

その恩人の命日が、くしくも自分の登板日に。しかも負けられない一戦。和田は「絶対に勝つ」と固く決意してマウンドに登りました。ところが初回、楽天の1番打者・山崎に三塁打を打たれます。

無死三塁、一打先制の危機に、和田は2番・鈴木大地をピッチャーゴロに打ち取り、三塁に送球。三走の山崎は飛び出していて、完全にアウトのタイミングでしたが、これを三塁手・周東が捕り損ねてしまいます。無死一・三塁で絶体絶命のピンチになるかと思いきや……何と、アウトになったと勘違いした山崎が、ベースから離れたまま仰向けの状態で天を仰いでいたのです。

周東はボールを拾い上げ、すかさず山崎にタッチ。稀に見る珍事で、状況は一死一塁に変わり、和田は結局この回を無失点で切り抜けました。

『川村さんが助けてくれたのかなって。初回はそうだと思う。力を貸してくれたんだなと思って投げていました』

~『日刊スポーツ』2022年9月15日配信記事 より(和田のコメント)

2回にはこんなことがありました。二死から茂木の当たりがピッチャー横へ。和田はこれをつかみ損ね、握り直して一塁へ送球しましたが、倒れながら投げたため悪送球になってしまいます。このとき、左のふくらはぎが軽く吊ったという和田。

しかし、ベンチに戻ってから“奇跡”が起きます。この日、ベンチには川村さんが生前に着ていた「01番」のユニフォームが飾られていました。

『(ベンチに飾られた)川村さんのユニホームを触って、ふくらはぎを触ったら治った』

~『西日本スポーツ』2022年9月16日配信記事 より(和田のコメント)

これは一種の“自己暗示”なのでしょうが、どれだけ川村さんの存在が大きかったかを示すエピソードでもあります。

「川村さんのおかげ」といえば……この日、ソフトバンクは前夜戦った福岡から、当日移動で仙台入りしました。ところが、飛行機のトラブルで野球道具の到着が遅れ、プレイボールまで2時間を切ったころにようやく到着。野手は屋外での打撃練習はしないまま、ぶっつけ本番で試合に臨むことになったのです。

ただ、ソフトバンクは11連戦の真っ最中。この「束の間の休息」が功を奏したのか、打線爆発につながりました。先制点を挙げた中村晃も、ダメ押しの一発を打った柳田も、川村さんにとりわけ深く可愛がってもらったメンバーです。

『川村君が休ませてくれたのかもね。みんな11連戦で疲れているから荷物を遅らせて休ませてやろうとね』

~『西日本スポーツ』2022年9月15日配信記事 より(藤本監督のコメント)

選手・首脳陣全員が「川村さんのためにも、きょうは絶対に勝つ!」と誓って臨んだゲーム。自分のためだけではなく「誰かのために」という気持ちになったとき、人は大きな力を発揮します。

150勝まであと1勝に迫った和田も、「いまはそんなことよりチームの優勝」と語り、こうコメントしました。

『調子うんぬんではなく、気持ちで攻めて投げていくだけ。一球一球、一人一人、最後まで全力で投げ抜きたい』

~『西日本スポーツ』2022年9月16日配信記事 より

この日のソフトバンクは、まさに「全員一丸」で戦い相手を圧倒。この正念場で改めてチームが1つになれたことは、マジックが出た以上に大きなことでした。

Page top