「習近平氏が見せしめのためにやった」中国共産党大会で起きた胡錦濤氏の退席劇 辛坊治郎が持論を展開

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎が10月26日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。中国共産党大会に出席していた胡錦濤前国家主席が党規約改正案の採決前に退席したことについて、習近平国家出席が自分にたてつく者は誰であっても排除することを示すための「見せしめ」だった可能性もあるとの持論を展開した。

第20回中国共産党大会の閉幕式で、退席する胡錦濤前総書記(中央)。左端は習近平総書記=2022年10月22日、北京の人民大会堂(共同)

中国共産党の胡錦濤前総書記(前国家主席)が党大会の閉幕式で途中退席する前に、ファイルをめぐって不満を示したと受け取れる動画がツイッターなどで拡散した。新しい動画はこれまでに拡散した動画より少し前の胡氏の動きを捉えたもので、手元の赤いファイルを見ようとした際、左隣に座る栗戦書氏がその動きを制止してファイルを引き寄せたように写っている。このファイルの詳細は不明だが、指導部や長老ら出席者の前に置かれていたもので、胡氏が退席する際に支えた係員がファイルを持って共に退場した。中国の国営メディアは退席の理由を「体調不良」としているが、「人事を巡り確執があったのでは」との憶測も読んでいる。

辛坊)これまで明らかになっていた映像は、胡氏が係員に腕をつかまれて連れ出される様子でした。その前の映像がなかったのですが、今回出てきました。何が起きたかは、よく分かりませんが、1つ確実に言えることがあります。中国は情報を統制するために国営メディアを牛耳っているわけですが、今回はツイッターを使って、退席した理由は胡氏の体調不良だと発信しました。ただし、中国国内でツイッターは見られません。ですから、これは完全に国外向けの発信です。

当初の映像だけなら、確かに体調不良に見えなくもありません。ところが、退席前の様子を捉えた今回の映像を見ると、体調不良ではなく、何かトラブルがあって連れ出されたことが分かります。ですから、中国の国営メディアが公式に発信した体調不良だとする理由は、明らかに嘘ですね。別の理由で連れ出されています。ただ、詳しい顛末は分かりません。

新しい映像では、胡氏が手元にあるファイルを見ようとしたときに、左隣の栗氏がそのファイルを押さえています。ただ、本人が見てはいけないものが置いてあるはずはないです。そう考えると、見せるのが嫌で押さえたというよりは、おそらくファイルに書かれていたことに関し、胡氏が非常に不快な様子なので、栗氏がなだめるつもりで押さえたのではないかというふうに見えますね。

今回の党大会では、習近平国家主席による3期目体制の人事が発表されました。どうやら、胡氏が組織した中国共産主義青年団(共青団)派の後輩たちが、この人事でことごとくトップから排除されたようなのです。映像にある出来事は、その人事が発表された直後だったので、胡氏は相当頭にきていたはずです。私の想像ですが、怒りを示した胡氏を隣の栗氏がなだめているやり取り気づいた習国家主席が「連れ出せ」と指示したのではないでしょうかね。

ただ、うがった見方をすると、習国家主席が会場に集まった共産党幹部たちや国外に対し、一連の様子をわざと見せつけたのかもしれません。どういうことかというと、「前国家主席の時代は終わった。俺にたてつく人間は前国家主席であっても連れ出すぞ」という習国家主席の意思を、わざわざ見せつけたのではないかという見方もできるのです。簡単に言えば、見せしめですね。一方で、ツイッターを国民は見ることができませんので、国民から「習国家主席は嫌な人間だ」とネガティブなイメージを持たれる心配はないわけです。

それにしても驚いたのは、胡氏が連れ出される一連の様子を見ていたはずなのに、会場に居並ぶ共産党幹部たちが前を向いたきり微動だにしていなかったことです。目の前で、前国家主席が連れ出されたんですよ。普通なら、騒ぎになりますよね。そうならなかったことが、今回の映像で最も恐ろしく感じたことです。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top