様々なジャンルのプロフェッショナルの情熱が詰まった「Xperia」スペシャルサイト『PASSIONS』を紹介!“Xperiaじゃないとできないこと”が多数掲載

By -  公開:  更新:

11月27日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、「Xperia」スペシャルサイト『PASSIONS』と、最近発売された新商品について解説した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。様々な製品が注目されている「Xperia」シリーズでは、6月発売の「Xperia 1 IV」に続き、「Xperia 1 IV Gaming Edition」「Xperia 5 IV」と続々発売され話題となっている。

そんな中、吉田は、様々なクリエーターが参加し話題となっている「Xperia」のスペシャルサイト『PASSIONS』について、その詳細を語った。

吉田:『PASSIONS』って“情熱”って意味ですけども、これは好きを極める人々の情熱が詰まったサイト。「Xperia」っていうのは、本当にこだわりが強くある人に応えるスマホなわけですよ。だから、例えば、フォトグラファー、音楽制作者、eスポーツプレイヤーなどなど、様々なジャンルのプロフェッショナルが語る、動画や読み物コンテンツ、クリエイターが「Xperia」で撮った作品が、掲載紹介しされてたりするんですけど。ページを見てると、「VOICES」「GALLERY」などなど、様々なコーナーがあって。

CUBERS・末吉9太郎(パートナー):はい。

吉田:例えばこんなクリエーターさんのお名前がありまして。Yukiさん。イギリスの大手レーベルと契約して、世界で活躍するギタリスト。この方は、「Xperiaのサウンド機能がすごい」と。ほかの職業の人ってこうなんだなって思ったんだけど、ギタリストの人って、自分が弾かなきゃいけない曲の、耳コピをしなきゃいけないとか。

末吉:そうですね。

吉田:そのときに、「Xperia」って、3.5mm(イヤホン)ジャック付いてるじゃないですか。自分のお気に入りのヘッドホンを使って、はっきりとした音で聴くことができる。ほかにも、「Xperiaじゃないとできないことが、いっぱいあるんですよ」みたいな話をしてくれてたりとか。あとは、ダブルタッチの世界大会で、3連覇を成し遂げたチーム・REG☆STYLE(レグスタイル)。この人たちを、「Xperia」で撮影した、スペシャルムービーもあったりするんですよ。

末吉:うわ、すごい!

吉田:プロフェッショナルの方々から、「Xperia」への熱い思いが語られています。このサイト、どんどん更新されていきますので、ぜひ“Xperia PASSIONS”で検索してください。

このほかに吉田は、先日発売された新商品の機能を紹介。コンパクトサイズの「Xperia 5 IV」は、リアカメラが16mm、24mm、60mmと3つのレンズを搭載しており、全ての焦点距離でリアルタイム瞳AF対応。バッテリーは5000mAhの大容量で、急速充電とワイヤレス給電にも対応しており、現在、docomo・au・SoftBank・楽天モバイルにて発売中。また、「Xperia 1 IV Gaming Edition」も現在発売中となっている。

さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、枯れ葉の山に座り込んで葉っぱを空高く投げる吉田を、「Xperia 1 IV」に搭載されているPhotography ProのMモードを使って撮影したもの。シャッタースピードを1/640の高速シャッターに設定して、落ち葉を写し止めている。レンズは「Xperia 1 IV」のツァイス16mmを使っていて、コントラストも高く、落ち葉の葉脈の1本1本まで描写されている。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top