アンガールズ田中、人間ドックを受けるも予想外の検査内容に動揺「目の前がピカピカしてきて……」

By -  公開:  更新:

3月23日(木)、お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志と山根良顕がパーソナリティを務めるポッドキャスト番組「オールナイトニッポンPodcast アンガールズのジャンピン」(ニッポン放送PODCASTSTATIONほか・毎週木曜日配信)が配信。先日、人間ドックに行ってきた田中が、検査中にショックを受けた出来事を明かした。

毎年、同じ病院で人間ドックを受診しているという田中。元々、採血が苦手だった田中は、これまでベッドに横になりながら検査を受けてきたが、そのときの周囲の反応が気になっていたという。

田中:もう採血されてるってことを想像しただけで、目の前がピカピカしてきて、横にならないと立っていられなくなるのよ。で、最初に人間ドックに行った時にそうなって、ベッドで横にならせてもらったの。そしたらさ、看護師さんが笑うんだよね。

山根:ああ〜。

田中:多分、リラックスさせようとしてくれてるのか、それか、俺のキャラで、細いやつが血をとられて、貧血で横になってるので笑っちゃうのか。

山根:「横になったらデカイな」とかね。ベッドからちょっと足がはみ出してて笑っちゃうんじゃない?

田中:俺、それが毎年、悔しかったのよ! 悔しいけど、俺のカルテには「採血はベッドで横になって取る」ってなってて。

山根:書いてくれてんだ。

田中:でも、最近は、横になってあんまり気持ち悪いってならなくなったのよ。

山根:ちょっとは落ち着いてきたんだ。

田中:だから今年は、横にならずに座ってやろうと思ったのよ! で、朝起きて、「よし今日は言うぞ!」って。

山根:もうそんなところでカッコつける必要ないでしょ! 告白するんじゃないんだから。

田中:もう告白に近いよ。「田中さん、続いて採血です」って言われた時に、声が震えないように頭の中で練習して。で、「今日は僕、座って取ります」って言ったのよ。

山根:おお! そこで?

田中:そしたら向こうの人も、「え? ベッドじゃなくていいんですか?」って。で、「大丈夫です」って言って。でも、座って腕を置く台を見たら、緊張してきて。

山根:だったら、別に寝て取ればいいじゃん。面倒くさいな(笑)。

田中:いや、でも、俺は今日、朝から体調も良くて「イケるな」と思ってて。そしたら、「普段は4本なんですけど、去年、血液のデータで1個気になる点があったので、ちょっと2本多く取ります」って言われたのよ。

山根:もう横になれよ!

田中:そしたらさ、急に緊張してきてさ。もう針を刺す前に目の前がピカピカしてきたから、「じゃあ、やっぱりベッドに行きます」って言って、笑われちゃったんだよね。

山根:何やってんのよ(笑)。

今年は座って採血を受けようと意気込むも、予定より多くの量を取られることが発覚して怖気づいてしまったという田中。合計で6本も取られたと明かし、「来年は、『採血の本数は言わないでくれ』って(カルテに)入れてもらおう……」と吐露していた。

番組情報

アンガールズのジャンピン[オールナイトニッポンPODCAST] 

毎週木曜18時頃更新

番組HP

アンガールズの2人が、人間界の生活で思ったこと・感じたこと・言いたいことを自由にしゃべります!怒らないでください、いじめないでください!

Page top