ミニチュアサイズのスケボー 「指スケ」って知ってますか?

By -  公開:  更新:

こんにちは本仮屋ユイカです。毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ。
本日は注目ワードや雑学を紹介するココロエ版「は・ひ・ふ・へ・ほ」です。

今日勉強するのは「指スケ」です。指スケとは“指スケボー”のことで、世界的には「フィンガースケートボード」と言うようです。その名の通り指で10センチメートルほどのミニチュアサイズのスケボーを操るのが指スケボー。

ちょっとした遊びかなと思いきや、世界には指スケのプロがいると言い、プロの競技大会まであるというので驚きです。競技時間は30秒間ほどで、沢山の審査員が見ている中ミニチュアサイズのスケートパークの中でボードを指で飛ばしたり回転させたり、トリックを競い合うのだとか。

元々はスケートボーダーが雨の日にもイメージトレーニングができるようにと考え出されたと言われていますが、ミニチュアボードの各パーツの構造や素材、精巧さはかなりのもので、テクニックに関しても本物を思わせる物だといいます。

日本でもこの指スケにハマる人が増えているようなので、学生の頃ペン回しが得意だった人は、今年は指スケ始めてみてはどうでしょうか?

<ユイカの感想>

まず今日の感想を「は・ひ・ふ・へ・ほ」で言うと「へぇ~!?」。

「指スケ!?」って思ったけど、すごかった。さっき動画を観たのですけど本格的でしたよ。しかもそういう小さい物が好きなインドアな人たちが楽しむ物じゃなくて、本当にスケートボードのノリでやっているのですよ。

その技もおままごと風かと思いきやけっこう本格的。くるくるボードが回っているしスピード感もあるし「これ30秒も間が持つのかな?」と思ったけど、持つ持つ! ずっと観ちゃう。これやってみたい。

でも私ペン回し全然できない学生でした……。ポトッて落として「うるさい!」って言われる駄目な学生でした。

このミニチュア感が可愛いですよ。セットとかもよくできてる。障害物とか、見ているだけでワクワクしますね!

スケボーと指スケだったら……いやあ微妙な対決だなあ(笑)。どっちも難しそうだなあ。スケボーをやっているからこそできるのかもしれない。だからまずはやっぱり最初にスケボーをやってから指スケやってみたいなあ。

動画でも「指スケ教室」っていうのがあって「こうやって指を倒してからこうやって下さい」と言っているので、指スケを知らないだけで指スケ人口は多いのかもしれないですよね。

今日学んだのは「指スケ」。大会ちょっと1回見てみたいですね!

(1月23日放送分より)


『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 15:36~ ABCラジオ14:54~

Page top