横田基地のオスプレイは「特殊作戦用」~今後危惧されることとは?

By -  公開:  更新:

4月6日 FM93AM1242ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』今日の聴きどころ!①

オスプレイが横田基地に到着
7:00~ ガチンコ ニュース UP!:コメンテーター潮匡人(元航空自衛官・評論家)

CV22 オスプレイ 横田 基地 横浜 米軍

横浜の米軍施設から移動し、東京・横田基地に到着した空軍の輸送機CV22オスプレイ5機(手前)=2018年4月5日 写真提供:共同通信社

オスプレイ横田基地配備~前倒しになったのは北朝鮮への抑止力の為

横田基地に正式に配備する予定のCV-22オスプレイ5機が、昨日横浜市神奈川区のアメリカ軍施設を離陸し、東京横田基地に到着した。5機は必要な訓練を行った後、夏頃に正式配備する方針で、横田基地には今後数年間で合計10機が配備される予定。沖縄県以外の在日アメリカ軍基地にオスプレイが配備されるのは、これが初となる。

飯田)オスプレイの配備は、予定よりも大分前倒しにされました。どうしてでしょうか?

潮)時期については、これまでも変更が重ねられてきました。昨年の時点では「先延ばしになる」という話だったのが、急転直下でこの情勢になっています。アメリカの軍隊が公式に表明している通り、「地域の安全保証上の懸念に対処するため」ということですので、常識的に考えて、朝鮮半島情勢。つまり北朝鮮に抑止を効かせるといった軍事的意図があると見るのが、自然な流れだと思います。

V-22 航空機 夜間 作戦

夜間作戦中に給油しているV-22(V-22 (航空機) - Wikipediaより)

夜間飛行が増えると推測され、これまで以上に騒音問題が懸念される

飯田)海兵隊のMVは輸送機として使われますが、これは特殊作戦で使う話が出ていますね。

潮)もちろん、同じ「オスプレイ」の名前がある通り、基本的には同じ機体です。しかし、沖縄の普天間に配備されているMVは海兵隊が運用していますが、今回のものは空軍が保有するCVということになり、少し違いがある。その少しの違いが、一言で言えば「特殊作戦用」であると言っていいでしょう。
1つは、地形を追随する装備が加えられているということ。そして、夜間の飛行能力が高まっているということです。特殊作戦は、昼よりも夜にやった方が効果が高いということで、そのような仕様になっているのですが、これがそうした目的、訓練で今後使用されていくと、いままでよりは夜間に飛ぶ回数が増えるのではないか、というのが常識的な推測になるだろうし、その地形追随装備をキチンと使った訓練をするということであれば、いままでよりは低い高度で飛ぶ回数が増えていくのではないかと考えられます。そうであれば、どちらの場合も、あるいはそれらが両方組み合わされば、騒音については尚更、うるさく感じるようになるのは、避け難くなると思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top