障害者雇用水増し問題~相次ぐ不祥事に各省庁再編の必要も

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月23日放送)ジャーナリストの鈴木哲夫が出演。障害者雇用水増し問題など、相次ぐ省庁の不祥事についての意見を述べた。

中央省庁 障害者 障害者雇用水増し 水増し問題 国会 閉会中審査

総務省が設置される中央合同庁舎第2号館(総務省 - Wikipediaより)

障害者雇用について水増し問題が地方にも波及

中央省庁や地方自治体による障害者雇用水増し問題。都道府県と20の政令市の状況について調べた結果、22の県と2つの政令市で同じような水増しの事例が見つかった。

鈴木)例の財務省公文書書き換えもそうでしたが、やはり霞ヶ関の役所は緩んでいます。事情を調べたら、「制度の理解が足りなくて、悪意だけではない」みたいなことを言う役所もありましたが、冗談じゃない!

中央省庁 障害者 障害者雇用水増し 水増し問題 国会 閉会中審査

国会 (日本) - Wikipediaより

相次ぐ不祥事~緩み続け信頼を失い続けている霞ヶ関

飯田)民間企業はゴリゴリ言われていますからね。

鈴木)あり得ないですよ。三権分立の行政をチェックするのは国会です。国会がもっと怒って、閉会中審査して、呼びつけて、ガンガンやらないと。
もっと言えば、「行政改革」や「霞ヶ関改革」がもう1度浮上するテーマかもしれません。財務省の問題以来、こんなに緩んでいる。これを総裁選のテーマにしてもいいかもしれない。「霞ヶ関が緩んでいる。ここを人・体制・組織含めてどのように引き締めていくのか?」、省庁再編を考えてもいいかもしれない。それくらいの問題です。信頼をなくしたら、福祉行政はやっていけません。
自民党や公明党が率先して国会を開いて、ガンガンやらないとダメですよ。

飯田)閉会中審査とか、国会が開いていないときでも仕組みとしてはやれるのですよね。

鈴木)だけど、自公は慎重なのです。様子を見ながら、ということかもしれませんが、これはすぐに厳しくやらないとダメだと思います。

飯田)与党側はこれを開いてしまうと、モリカケ問題も追求されてしまうからでしょうか?

鈴木)議員内閣制だから自分たちに返ってきてしまう可能性はあります。だけど、ここはやはり「国会」として絶対に一連の行政のゆるみはチェックして、法律改正が必要ならする。それが必要になってきています。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top