日本、リオ金のトルコに敗れ準優勝 ゴールボール女子 2019ジャパンパラ競技大会

By -  公開:  更新:

2月1日(金)から千葉ポートアリーナで行われた「天皇陛下御在位三十年記念2019ジャパンパラゴールボール競技大会」が3日(日)最終日を迎え、決勝で日本代表は、リオパラリンピック覇者のトルコ代表と対戦し、0 対 3 で惜しくも敗れ準優勝となった。

東京パラリンピックの正式種目でもある「ゴールボール」は、3人で1つのチームを組み、
2チームがコートの両サイドに分かれ、目隠しをした状態で、鈴の入ったボールを転がすように投球し合いゴールを競う球技。

今大会には、世界ランキング4位の日本に加え、1位のブラジル、2位のトルコ、6位のアメリカが参加しており、1日(金)、2日(土)に行われた総当たりの予選リーグでは、日本が2勝2敗2分け、トルコが6戦全勝で決勝に進んでいた。

今大会でも世界の強豪と堂々と渡り合った女子日本代表は、2012年のロンドンパラリンピックでも金メダルに輝いており、2020年 東京パラリンピックでも活躍が期待されている。

Page top