国際政治学者から医療の道へ「きっかけはオヤジの突然の死でした」

By -  公開:  更新:

「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(3月3日放送)に、参議院議員・武見敬三が出演。「グローバルヘルス」について語った。


自見)改めて「グローバルヘルス」とは何か、簡単に教えてください。

武見)医療問題は、国境を越えて共通の問題になって来ています。例えばエボラ出血熱。あの病気にかかると、半分ぐらいの人は亡くなってしまいます。
あれはコウモリからうつったのです。動物由来の感染症は、人と人との感染になっていないものがおよそ2千種ぐらいあります。したがって、いつ何どき、人と人の感染症になるかわからない。動物学とも連携をしながら、しっかり事前に調整してワクチンや予防薬を開発しておくことが必要です。
いまは、あっという間に世界中に広がる時代。したがって、こういう問題はひとつの国だけの問題ではないのです。昔は「国際保健」と呼んでいましたが、いまは「グローバルヘルス」と呼ぶようになりました。

自見)武見先生が「グローバルヘルス」の分野にかかわるようになったきっかけをお聞かせください。

武見)実は偶然なのです。うちのオヤジ(日本医師会会長、世界医師会会長を歴任された武見太郎さん)が亡くなる前、ハーバード大学の公衆衛生大学院に、国際保健の「武見プログラム」を創設したのです。

自見)いまでも続いていて、たくさんの方を輩出されていますね。

武見)300人以上、中堅の研究者がここで研究をして自国に帰り、保健医療分野の指導者になっています。保険大臣になった方も大勢います。実はこれを作った途端に、オヤジが死んでしまったのですよ。

自見)そのタイミングだったのですか?

武見)だから私が、資金集めの手伝いから、セミナーを共同で開いたりしました。やっているうちに「グローバルヘルス」の分野に関心を深めるようになりました。

自見)そのとき、武見先生は国際政治学者?

武見)そうです。保健医療の専門家でも何でもなかったのです。だけど接していくうちに、これも国際政治の重要な一面だと自分でやりながら解ったのです。

自見)武見先生が考える「グローバルヘルス」のこれからの課題、お聞かせください。

武見)乳幼児の死亡率は、世界的にみると年間540万人の子供が、5歳になる前に亡くなっています。そのうちの半分ぐらいが、出生後28日以内に亡くなっている。そのほとんどは「avoidable deaths」と言って、回避可能な死。生活水準が低く、衛生環境や医療の質が悪いことなどが重なって起きます。このようなことを世界共通の課題として、いかに解決するかを日本は責任のある国として考えて行くべきだと思います。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top