ザ・コインロッカーズのギタリスト絹本夏海、元ホラーゲームの実況配信者だった?

By -  公開:  更新:

6月17日(月)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時~)に、ザ・コインロッカーズのボーカル・松本璃奈とギター・絹本夏海が登場し、バンド結成前の日々について語った。

吉田尚記アナ、絹本夏海、松本璃奈

秋元康のプロデュースによって2018年9月よりオーディションを行い、同年12月に結成された39人組のガールズバンドのザ・コインロッカーズ。2019年6月19日(水)には、デビューアルバム『憂鬱な空が好きなんだ』をリリースする。メンバの一人でギターを担当している絹本は、ユニット結成前に、インターネット上で“ある活動”をしていた時期があったという。

吉田尚記アナウンサー:絹本さんはアイドルのオーディションをたくさん受けていたけど決まらなくて、ずっと家の中で過ごしていた時期があったんですよね?

絹本:家からは出なかったですね、ずっとゲームをやっていました

吉田:それはゲーム実況もしてたんですか?

絹本:はい。ゲーム実況に憧れて自分もやってみようと思って、自分でマイクや編集アプリも用意して、特にホラーゲームをやっていました。それを一時期ネットに上げてたのですが、今は公開を停止していますね

吉田:何才くらいの時?

絹本:中学生の時なので14歳くらいですね

吉田:そのときから、世の中に対して何かやりたいという気持ちがあったんだね。ザ・コインロッカーズがあって良かったですね

絹本:変わりましたね。頑張ってます!

ザ・コインロッカーズに入ったことで、それまで行っていなかった大学にも行くようになったと語った絹本。また一方で、ボーカルの松本璃奈はもともとプロを目指してバンド活動をしており、複数のバンドでボーカルやドラムを担当していたという対照的な過去を明かした。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:58

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top