リーマントラベラーが遭遇したキューバの衝撃家族

By -  公開:  更新:

作家で“リーマントラベラー”こと東松寛文が、ニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」に出演し、サラリーマンでありながら世界一周をした旅行先での出来事を明かした。

 

 

平日は広告代理店に勤務しながら、週末を使って海外旅行に出掛けることが趣味だという東松。これまで67カ国146都市を訪れたことのある東松が、その中でも忘れられない弾丸旅行について語った。

1つ目に挙げた国は、8月に訪れた「ニューカレドニア」。急遽週末に時間が空き、出発の5日前に手配したという。『天国に一番近い島』と言われているだけに、暖かいことを見越していたそうだが、予想外にも肌寒い気候で雨も降っていたことから、「ちゃんと事前に調べとかないといけないな」と反省していた。

2つ目に挙げた国は、「サウジアラビア」。東松が現地の様子をツイッターにアップしたところ、そのツイッターを見ていたサウジアラビア人から「日本人がサウジアラビアをPRしている」と話題にされたという。

最後に挙げた国は、「キューバ」。東松が道で遭遇したおばあさんの大きな荷物を持ってあげると、そのおばあさんの自宅に上げてもらい、食事をご馳走になったと明かした。

そのほか、外まで爆音が漏れている家の前を歩いていた東松が、気になってその様子を見にいくと、「中の人と目が合って、『カモン!!』って言われて、そこから朝まで踊ってました」といった驚きの経験も告白。「行動してみるとそういう体験ができるっていうのは、仕事でも活かされてるんじゃないかなと思いますね」と話す東松に、終始驚きを隠せない様子の一同だった。

 

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00
(10月16日放送より)

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!

Page top