1万人の投票でシンデレラに輝いたアイドル・三田美吹、ライバルのはずのメンバーも歓喜

By -  公開:  更新:

2月5日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、6人組アイドルユニット・CROWN POPの三田美吹、山本花織、里菜が出演し、1月19日(日)に横浜アリーナで開催されたアイドルフェス『「ミューコミプラス」presentsスタプラアイドルフェスティバル~今宵、シンデレラが決まる~』の舞台裏を明かした。

『スタプラアイドルフェスティバル』はミューコミプラスとスターダストプロモーションのアイドルセクション・スターダストプラネットがコラボレーションした大型イベント。イベント内では、来場者1万人の直接投票によって若手アイドル8組の中からたった1人が選ばれる「シンデレラ決定戦」が実施された。そこで最多得票を獲得しシンデレラに選ばれた三田だが、CROWN POPの他のメンバーたちは、イベント中のシンデレラ発表前に、すでに三田の優勝を確信していたという。

吉田尚記アナウンサー:山本さんと里菜さんは、自分がシンデレラに選ばれたいという気持ちもありましたよね?

里菜:もちろんありました。けど、自分じゃなくてもグループの誰かから選ばれたらいいなって思いましたし、ステージをやってる中で、「いぶ(※三田美吹のあだ名)だ!」って思った……よね?

山本:うん。思った。オープニングアクトのときから、ずっとそう言ってたんですよ、私たち

吉田:自分たちが選ばれたっておかしくないのに、三田さんが決まってCROWN POPのメンバーが全員「やったー!」って叫んでるのを見たときに、ものすごく仲が良いなあって思いました。三田さんはメンバーに「決まるよ!」って言われてたとき、どう思ってたんですか?

三田:自分たちのステージが終わって、裏で(共演者の)私立恵比寿中学さんや、ももいろクローバーZさんのステージを緊張しながら見ているときに、他のグループもいるのに「いぶだよ! いぶいぶいぶ!」って大きい声で言われたときは「空気読んで」って思いました(笑)

吉田:あはははは(笑)

山本:マジの顔で「やめて」って言われました(笑)

三田に本気の顔で「やめて」と言われたという山本だが、その後も山本と里菜は三田に優勝の期待をかけ続けたという。三田はそれに対して「ありがたかったけどプレッシャーに感じた」と笑いながら語った。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:58

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top