King Gnu・井口理、「最終回」で涙腺崩壊 メンバーからの手紙に「エモくなって……」

By -  公開:  更新:

3月26日(木)深夜、ロックバンドKing Gnuの井口理がパーソナリティを務める、ラジオ番組「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~28時30分)が最終回を迎えた。2019年4月から番組がスタートし、約1年にわたって、プライベートや音楽活動、メンバーや自身の生い立ちなどを一人語りのスタイルで放送を届けてきた井口が、この1年間や、メンバーの支えを思い返し、涙を見せた。

番組前半には、リスナーからのサプライズが紹介。有志のリスナーで『白日』を合唱したという音源が流れると、少し聞いたところで井口が「止めてくれ!」と強制終了を命令。笑いながら「ありがたいんだけどね、ひどいねぇ。変なリバーブもかかっていたし」と感想を言い、「この世で『白日』を歌えるのは俺だけなのよ! 申し訳ないね。一人だけなんだよね」と自分の楽曲であると強調。

しかし、リスナーの合唱音源に合わせて井口も口ずさんで歌ったことから、「でも一緒に歌えましたから。これはもう、リスナーと一緒に歌ったってことになるんじゃないでしょうか?」と呼びかけ、「データをもらって、あとで一人で聞きます。ありがとう」と、感謝を述べた。

番組の各所では、これまでの放送模様をダイジェストでオンエア。ポルノグラフィティ・岡野昭仁のゲスト回、King Gnuのメンバー全員が集合した回、aikoや、ナインティナインの岡村隆史、綾野剛らと共演した放送回、井口が体調不良のため、メンバーの勢喜游(せき・ゆう)が代演したときの放送に「懐かしいですねえ」、「すごい支えられていましたね」と懐かしんだ。

プライベートでは、この放送前日に引っ越しをしたという井口。井口はメンバーの新井和輝と長らく同じ家で暮らしていたが、これまでの思い出や離れてしまう寂しさ、彼への感謝を語った。

「心機一転というか、引っ越しをしたんですよ。ずっとベースの新井和輝と、ボロアパートに3年と3~4か月くらい一緒に住んでいたから。そろそろ独り立ちをしようかと。自立した大人にならないといけないと思って、一人暮らしを決めたんです。引っ越しの準備をしていたら思い起こすことが多くて。初めてあいつと出会ったときのことから思い出しちゃって。

5年前、常田大希のおばあちゃんの家で初めて4人が会って。だけどまさか、そこから一緒に住むとは思っていなかった。King Gnuの前はSrv.Vinci(サーバ・ヴィンチ)って名前で活動していたんだけど、“コーポ・ヴィンチ”っていうライングループを作って、『みんなでルームシェアをしない?』って言っていて。そのグループに、何故か常田大希は除外されていたんだけどね(笑)。

その流れで新井と僕が二人で住むことになったんだけど、そこから3年。最初、King Gnuはぜんぜん暇だったんですよ。引っ越して3か月ぐらいは何もすることがなくて、2人でバイオハザードをずっとやって、2作ぐらいクリアしちゃってね。スマブラとか桃鉄もやったり。最初はそんな暮らしだったんですよ。

冬は鍋をやったり、花見もしました。お昼ご飯を作って近くの公園でピクニックをして、ちょっとコンビニでビールを買ったりしてさ。新井がキャッチャーミットを買ってきて、2人でキャッチボールをしたりとか、楽しかったね。本当に。

桜を見ながらシャボン玉なんかもしたなー(笑)。きれいだったなぁ。シャボン玉に反射する桜の花びらが……、パチっとはじけたときなんか、あれは良かったねぇ。僕ら、桜を3回も見ているのよ。川沿いに桜があって、そこを2人で走りながら近くのラーメン屋に行ったりしてね。

和輝が洗濯とかも全部やってくれていた。家事、掃除を全部任せちゃって。非常に面倒見がいいんですよ。新井和輝という男は。家の内見も3回ぐらい行ったんだけど、『お前だけだと心配だから』って全部付いて来てくれたの。レンタカーの車を出してくれてね。

ありがとう本当に。なかなか3年も一緒に住んでいるから、ありがとうもなかなか言えなかったんだけど。ちゃんと『ありがとう』って、もっと言えば良かったな。

引っ越して初日には、連絡もくれたんですよ。夜中かな。引っ越した初日に、『大丈夫か?』、『何か困っていることはないか?』、『手伝うぞ』って。あいつ、俺が寂しいのを分かっていて連絡してくる! 何あいつ、本当に! メンヘラになっちゃうよ、もう。何だよもう……好きだ」

新井との共同生活はとにかく楽しく、たくさんの思い出があったと吐露。この3年間は喧嘩もなかったそうで、「ありがとう本当に。生まれ変わったらまた一緒に住みたいです」と告げて、山崎まさよしの楽曲『One more time,One more chance』をオンエアした。

番組後半には「ペンネーム:常田大希」、「ペンネーム:勢喜遊」、「ペンネーム:新井和輝」として、メンバー本人達が井口に宛てた手紙が読み上げられた。常田からは「ラジオ、やめるらしいな。さっき知ってな、俺びっくりしたな。本当に本当に頑張ったよな、理パネぇよな」というメッセージを、過去に4人で鑑賞した思い出があるという「Takeda’feat. ニセレキシ」風にアレンジしたものが届き、井口は「これ本物(本人)からなの? 嘘だろ?(笑)レキシさんをパクりじゃないの」と笑いながらツッコミ。

勢喜からは「ドライマンゴーを、でっかいヨーグルトの中に沈めたまま1日寝かして食べると、美味しい」という攻めたメッセージだったが「これはもう“勢喜遊節”ですねえ……。でもなんかちょっとエモくなってきちゃいましたね」と、彼らの等身大だったという内容にしみじみ。

最後は新井からの手紙で、1年間のラジオパーソナリティ業を労い、井口の良さや、一緒に生活した思い出を綴った内容に、涙を流して、何度も言葉を詰まらせながら読み上げた。

エンディングでは、リスナーやスタッフ、友人に向けて「みんなありがとう、マジで。1年間よく続けられたなって感じです」と感謝し、最後のあいさつをした。

「今振り返ると楽しかったです。会いたい人にも会えたし、思い残すことが何もないという感じです。悔いがないです。振り返れば振り返るほど、思い返せないほど思い出がいっぱいあります。

また戻ってくるんで。何かしらの形でね。その時はぜひよろしくお願いします。ここまでのお相手はKing Gnuの井口理でした。お世話になりました! ありがとうございました!みなさんお元気で!」

番組情報

King Gnu井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週木曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

「King Gnu」のボーカルキーボード井口理が、毎週木曜日の深夜3時のオールナイトニッポン0(ZERO)を担当!とっても良い声で、とってもおもしろラジオをお届けします。


Page top