前田裕二「新しいラジオのあり方を提案して行けるんじゃないかな」……“ゼロからイチ”を作り出す ハイブリット番組スタート

By -  公開:  更新:

SHOWROOM社長・前田裕二がパーソナリティを務める『前田裕二のゼロイチ』がスタートすることが決定した。仮想ライブ空間SHOWROOMと連動しながら、リスナーや各界の輝いているゲストと共に“ゼロからイチ”を創り出す2時間のハイブリットラジオ番組となる。

ニッポン放送『前田裕二のゼロイチ』11月11日(水)スタート 毎週水曜 19時~21時 放送 (ネット局では9月30日スタート)

著書『メモの魔力』が2019年最も売れたビジネス書となったSHOWROOM社長・前田裕二が2時間のラジオ番組に挑戦する。

2019年11月4日(月・祝)に「ニッポン放送1DAY前田裕二プロデュースDAY」という24時間企画を実施した前田。24時間生配信を続けながら、1冊の本を作り、大きな反響を呼んだ。また当日、初挑戦となった『前田裕二のオールナイトニッポン』では、ゲストにダルビッシュ有、関ジャニ∞の大倉忠義を迎え、「プロデュース」について語り合うなど、パーソナリティとしてのポテンシャルの高さを見せつけた。

そうした中でスタートする前田裕二の冠ラジオ番組『前田裕二のゼロイチ』は、リスナーやゲストと共に2時間で“ゼロからイチ”を生み出すラジオ番組。社長を務めるSHOWROOMの配信サービスも活用し、ラジオと動画のハイブリットな番組となる。

前田裕二は『前田裕二のゼロイチ』スタートに際し、以下のコメントを寄せた。

昨年11月の24時間企画を走り切った後、達成感と共に脳裏に強烈によぎった言葉があります。それは、「生みの悦び」です。24時間、何度も燃料尽きそうになりながら全力疾走しましたが、「無から何かを生み出す」という0→1の営みそのものが、いかに人間の活力となるか、また、ポテンシャルを引き出すのかを実感しました。

朝5時の『あさぼらけ』という番組で、「明日、この時間に、一冊の本を物理的に作って、お渡しします。」とパーソナリティの上柳昌彦さんに約束して、そこに向かってバタバタと奮闘しましたが、その過程で、いわば「ゼロイチの企み」が、自分を、チームをどれほどワクワクさせたか。希望をもたらしたか。

この、人間の活力と希望の源である「ゼロイチ」は、コロナ禍という薄暗い洞窟の中を、ちょっとだけ、明るく照らす力を持っているのではないか。そう思いました。

そこで、今回ニッポン放送さんにお声がけ頂いた時に、直感的に、このゼロイチに特化した、何かを生み出す番組を皆で作りたい、と思いました。

冒頭にリスナーから「ゼロイチテーマ」を募り、そのテーマに沿って番組時間内に、何でもよいので一つ、無から有を生み出す。そういう番組です。

曲をつくってもいいし、ポエムを作ってもいい。物語を作ってもいい。新しいマンガの原作をブレストしてもいい。
ラジオだけど、あえて何か目に見えるモノを作ってもいい。それはまず聞いてくださるリスナーにプレゼントして、更に必要とされるなら、もっとたくさんの人に届けてみてもいい。

とにかく、リスナーの皆さんと一緒に、2時間で作れるゼロイチを、毎週生み出し、そこから大切に育んで、皆で末長く愛でていけたら、「何かを一緒に作った体験」でずっと繋がっていられる。そうした、新しいラジオのあり方を、この番組から提案して行けるんじゃないかなと思っています。

是非一緒に、肩肘張らず楽しみながら、色々なゼロイチを仕掛けていきましょう!

『前田裕二のゼロイチ』は、ニッポン放送では11月11日(水)スタート、ネット局では9月30日(水)スタートとなる。

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送『前田裕二のゼロイチ』
■放送日時:11月11日(水)スタート 毎週水曜 19時~21時
(各ネット局では9月30日(水)スタート)
■メールアドレス:01@1242.com
■Twitterハッシュタグ:#前田裕二のゼロイチ

 

Page top