シンガーソングライター・吉澤嘉代子、ムーディーな新曲は「そばとかうどん」の曲になるはずだった!?

By -  公開:  更新:

11月25日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、ニューシングル『サービスエリア』とコンピレーションアルバム『新・魔女図鑑』を同日リリースしたシンガーソングライターの吉澤嘉代子が出演し、新曲の制作過程について語った。

吉澤にとって、およそ2年振りの新曲リリースとなる『サービスエリア』。夜のサービスエリアを舞台に、恋人たちがまるで異世界へいざなわれているかのような感覚に陥るという心情を描いた、しっとりとしたラブソングとなっているが、制作時には全く別のテイストを持った楽曲になる可能性もあったという。

吉田尚記アナウンサー:『サービスエリア』はタイトルと曲の中身、どちらから先に作ったんですか?

吉澤:タイトルですね。タイトルから先に作ることがほとんどなんです

吉田:タイトルからなんですか。でも『サービスエリア』ってタイトルだと、「アメリカンドックはこちら~」みたいな歌詞にしてしまいたくなると思うんですけど……

吉澤:それもちょっと迷ったんですよね(笑)。そばとかうどんとか

吉田:そういうのが出てくる歌にしようと思っていたんですか?

吉澤:そうなんですよ、なんか「GO!GO!」みたいな感じもいいかなって迷ったんですけど……

吉田:え? ということはムーディーな曲を作りたいと思って『サービスエリア』というタイトルではなくて、タイトルだけが先にボーンと来たってことなんですか?

吉澤:そうなんですよ「『サービスエリア』いい!」ってなって……

吉田:めちゃくちゃ高度な大喜利やってませんか(笑)

吉澤:大喜利の人生ですね、たしかに

またこのあと、タイトルから先に作る理由として、「その言葉を自分が所有したような心地になる」と語った吉澤。今回の楽曲はタイトルを決めてから、曲の舞台を昼のサービスエリアにするか、夜のサービスエリアにするかを考えていったという。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top