吹越満~WAHAHA本舗に入ったのは「姑息な理由」から

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に俳優の吹越満が出演。俳優になった経緯について語った。

吹越満

黒木)今週のゲストは吹越満さんです。青森から上京なさったのですよね。

吹越)そうですね。

黒木)上京なさって、WAHAHA本舗に入られて、ロボコップの一人芝居やたけしさんの真似など、いろいろなことをなさっている。上京なさったきっかけは何でしょう?

吹越)高校を卒業して1年浪人していたのですが、受験も真剣に勉強していなかったので失敗して、2浪になったのですけれど、そのときはもう東京に行こうと決めていました。予備校に入っていたのですが、ほぼ予備校にも通いませんでした。本屋さんをぶらぶらしていて、ある1冊の本に出会ったのです。大先輩の俳優さんが出された本なのですけれども、それを読んで、「世間からドロップアウトしているような、こういうダメな大人になってみたいな」と思ったのですね。もちろん、ご本人はダメな人ではないのですが、当時の、未成年が受けた印象ですから。「活躍されている方がこんなにダメでいいなら、俺もダメになりたい」というよくわからない衝動に駆られて。

黒木)そこから俳優という職業に興味を持たれたということですね。それまで芝居はされていないですよね。

吹越)まったく経験はないですね。

黒木)WAHAHA本舗に入られてからなのですね。

吹越)そうです。

黒木)なぜWAHAHA本舗だったのですか?

吹越)本当は、専門の映画俳優になりたいと思っていたのですけれども、誰も知らないただの子どもですから、映画出演依頼があるわけでもなく、ということは自分で何かをやらなくてはならない。となると、自分たちでやっているものがある人たちがいる。それが劇団というやつですよね。無名の人たちがグループになって劇団をつくると。ある程度やっている劇団に入ったとすると、たぶん、その先輩方を超えることはできないだろうと思って、旗揚げしたばかりの劇団に目をつけたのです。

黒木)旗揚げ。

吹越)旗揚げしたばかりならば、いくら先輩でも比較的若いだろうと。近づける可能性があるのではないかと思ったのですね。ある芝居を観に行ったときに織り込まれていたチラシが、とてもインパクトのあるチラシだったのです。それがWAHAHA本舗の旗揚げ公演のチラシで、それを観に行って、観終わったあとに電話しました。「入れてください」と。

黒木)それですんなり入れたのですか?

吹越)オーディションがあったのですよ。あとから聞いたのですけれど、15人の応募があって当日来たのが7人。そのうち合格させてもらったのが僕と梅垣義明さんという、シャンソンを歌って鼻から豆を飛ばす。彼と僕が同時に入りました。

『大コメ騒動』

吹越満(ふきこし・みつる)/俳優

■1965年2月17日生まれ。青森県出身。
■劇団「WAHAHA本舗」出身。
■ロボコップの形態模写をアレンジした「ロボコップ演芸」でバラエティ番組に出演。
■1999年の退団後は、ドラマ・映画・舞台を中心に俳優として活動。
■ソロパフォーマンスである『フキコシ・ソロ・アクト・ライブ』を定期的に開催。
■2021年1月8日全国公開『大コメ騒動』に出演(1月1日より富山県先行公開)。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top