吹越満~自分のことは「面倒くさい俳優だと思います」

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に俳優の吹越満が出演。俳優としての自身のこと、また、「青森に帰って来い」と未だに言う両親のことを語った。

吹越満

黒木)今週のゲストは俳優の吹越満さんです。ご自分ではどんな俳優だと分析されていますか?

吹越)そうですね。最近思うのは、「面倒くさい」ということですね。

黒木)え?

吹越)自分で自分をコントロールしようとすると、「面倒くさいやつだな」と思いますね。その場その場で変わる。現場や役が変わるとまた違うみたいなのですよね。自分でもよくわからないですね。

黒木)でも自分がわかっていたら、演技できないところもありますよね。

吹越)そうですね。

黒木)仕事をしていて、「これだけは自分のなかで守っている」ということはありますか?

吹越)あまり決めないほうがいいのではないかと思っています。経験を積んでキャリアが長くなると、どうしても癖が出て、固まって来るではないですか。なるべく「自分のやり方を持たない」ということは意識しているかも知れません。

黒木)変幻自在な感じで。

吹越)あとは、作品が面白くなることに協力する。それはスタッフでも出演者でも、同じだと思います。

黒木)上京されて、役者の道に進まれたことは、ご両親はあとから知られたわけですよね。

吹越)そうです。

黒木)いかがでしたか?

吹越)猛反対されました。上京して36年経ちますが、「いつやめるんだ、青森に帰って来い」と未だに言われます。

黒木)ええ!

吹越)「大丈夫か、仕事はあるのか」と言われます。おふくろはこっそり芝居を観に来たことがありました。仙台公演かな、僕のソロライブに。

黒木)でもテレビや映画はご覧になるのでしょう?

吹越)自分で気に入っているものをDVDに焼いて実家へ持って行くのですよ。「こういうのをやったんだよ、西田さんと共演したんだよ」などと言って渡します。「ああそっか」と端に置かれて、3日くらい滞在しますけれど、「いつ観てくれるのだろう」と思いながらいます。

黒木)目の前では恥ずかしいのですね。

吹越)帰ったあとに観ているかも知れませんけれど。その辺は定かではありません。NHKに出たときだけですね。喜んだのは。吉永さんと撮った写真を見せたら喜んでいましたけれどね。

『大コメ騒動』

吹越満(ふきこし・みつる)/俳優

■1965年2月17日生まれ。青森県出身。
■劇団「WAHAHA本舗」出身。
■ロボコップの形態模写をアレンジした「ロボコップ演芸」でバラエティ番組に出演。
■1999年の退団後は、ドラマ・映画・舞台を中心に俳優として活動。
■ソロパフォーマンスである『フキコシ・ソロ・アクト・ライブ』を定期的に開催。
■2021年1月8日全国公開『大コメ騒動』に出演(1月1日より富山県先行公開)。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top