初本塁打が満塁アーチ 中日・根尾昂が受けた“秘密特訓”

By -  公開:  更新:

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、5月4日にプロ初本塁打となる満塁本塁打を放った中日ドラゴンズの3年目・根尾昂選手のエピソードを取り上げる。

【プロ野球中日対DeNA】3回、中日・根尾昂がライトにプロ入り1号の満塁本塁打を放った=2021年5月4日 愛知県名古屋市・バンテリンドームナゴヤ 写真提供:産経新聞社

『甘いボールにしっかり自分のスイングで振り抜くことができました。いい場面で初ホームランを打つことができて嬉しいです。2回に点を取られてしまった後、すぐに追加点を取れたのが良かったです』

~『スポニチアネックス』2021年5月4日配信記事 より(試合後の根尾のコメント)

今季(2021年)は開幕から1軍に定着している中日の3年目・根尾昂が、ついに大器の片鱗を見せてくれました。根尾は5月4日、本拠地ナゴヤドームで行われたDeNA戦に「8番・左翼」で先発出場。初回、中日打線がDeNA先発・大貫晋一から4点を奪うと、2回にDeNAは、中日のエース・大野雄大からソトが3ランを放って追い上げます。

4-3と中日1点リードで迎えた3回、中日は1死満塁と絶好のチャンス。ここで根尾に打席が回って来ました。根尾は、大貫の3球目、142キロの甘く入ったツーシームを右方向へ引っ張ると、打球は右翼スタンドへ! 待望のプロ初本塁打が満塁アーチとなって再びDeNAを突き放し、この一発が決め手となって、試合は8-4で中日が快勝しました。

試合後、お立ち台に立った根尾は、打席に立ったときの心境を聞かれ、最悪でも三塁ランナーを犠飛で還せるよう、次の1点を取るつもりで打席に立った、と語りました。それが1点どころか4点も入ったのは、やはり何か持っている気がします。

なお、プロ初ホームランが満塁本塁打になったのは、中日では史上3人目で51年ぶり。前に打ったのは1970年、外国人のバビー選手で、日本人選手となると、さらにさかのぼって1950年の杉下茂投手以来、実に71年ぶりのことでした。杉下さんが投手ながら満塁アーチを打っていたことにも驚きますが、つまり日本人野手では根尾が球団初なのです。

3年前、2018年のドラフトでは、大物高校生3人の行く先が注目されました。この年、甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭高の根尾と藤原恭大、そして報徳学園の小園海斗です。各球団のドラフト1位指名は、根尾に4球団、藤原に3球団、小園に4球団ときれいに分かれ、根尾は中日、藤原はロッテ、小園は広島がそれぞれ交渉権を引き当てました。

プロ入り後の歩みは3者3様で、小園は1年目(2019年)から1軍で58試合に出場。藤原は2年目の昨季(2020年)終盤、1軍に抜擢されて活躍。チームの2位躍進に貢献し、クライマックスシリーズにも出場しました。一方、根尾の1軍出場は、1年目(2019年)が2試合、2年目(2020年)もわずか9試合。出たと言っても、あくまで「お試しレベル」でしかありませんでした。本人も当然、悔しい思いがあったと思います。

「今年こそ」の思いを持って臨んだ3年目の今シーズン。春季キャンプで臨時コーチを務めたOB・立浪和義氏からも指導を受けた根尾は、オープン戦でも成長の兆しを見せ、開幕1軍の切符をつかみます。開幕戦は「8番・左翼」で出場(本来のポジションは遊撃)。5月5日までの時点では1軍の座をキープしています。

5日までの通算成績は、打率.182、打点11、本塁打1。数字だけを見ると2軍に落とされても仕方のない成績ですが、首脳陣は先を見据え、辛抱強く使っています。また、落としたくない理由もあり、実はナゴヤドームではやたらと勝負強いのです。

根尾が本拠地で打点を挙げた試合、中日は何と5戦5勝! 3月30日の巨人戦で、根尾はプロ初タイムリーで勝利に貢献。プロ初のお立ち台に立つと、その1週間後、4月7日のDeNA戦でも貴重な中押しタイムリーを放ってまたお立ち台に。そして今回と、打率1割台とは思えない頻度ですが、それだけいい場面で打席が回って来て、チャンスを逃さずに打っているからです。

昨年までと違うのは、第1打席で打てなくても、試合のなかで修正して行く術を覚えたこと。これは開幕からスタメンで出続けた成果です。決定力に欠ける中日打線にとって、成長した根尾はまさに救世主です。

そして首脳陣の細かい配慮も光りました。4月20日からの横浜~神宮遠征で、与田監督は22日より根尾をスタメンから外しました。この遠征中の出場はわずか1試合だけ。「根尾はどこに行っちゃったんだ?」「また今年もファーム暮らしか?」という声が上がりました。

実は、伊東勤ヘッドコーチが、与田剛監督に直訴。根尾は栗原健太打撃コーチ(現役時代は広島~楽天)とマンツーマンで、フォームの見直しにあたっていたのです。いくつか記事が出ていますが、具体的に何をやっていたのか、一例を挙げると……。

『速い球に差し込まれる傾向を修正するため、ポイントを前に出し、引っ張る練習を反復。栗原打撃コーチは「ファウルでいい。極端に前でヘッドを利かしてみたらどうだと」と言う。監督、ヘッドは首脳陣として、栗原コーチは選手として09年WBCを経験。当時、イチロー氏が行っていた練習からも着想した。そして根尾は27日の阪神戦から21打数7安打。打撃フォームの安定が会心の一発につながった』

~『スポニチアネックス』2021年5月5日配信記事 より

根尾は4月27日の阪神戦からスタメンに復帰すると、いきなり2安打。その後も好調を維持し、今回の満塁弾につなげました。

イチローの練習法が、栗原コーチを通じて、根尾に伝えられ、効果を発揮したのは興味深い話です。真面目な性格で知られ、クレバーな根尾のこと。彼なりに気付いた点もあるでしょう。それを手がかりにして、またどう成長して行くのか? これからの進化がますます期待されます。

最後に、5月4日のお立ち台での受け答えがあまりに完璧だったので、再録しておきます。立派の一言!

『―この喜びを伝えたい方は?

「先日、両親に会って、母の日が近いのでプレゼントを渡したのですが、今こうやって本塁打を打てたのは両親が生んでくれたおかげなので、両親にありがとうと伝えたいと思います」

―最後にファンの皆さんにメッセージを。

「コロナ禍でなかなかバンテリンドームに来られない状況ですけど、何とか1勝でも多く勝ってファンの皆さんに喜んでいただけるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」』

~『中日スポーツ』2021年5月4日配信記事 より(根尾ヒーローインタビューでのコメント)


Page top