菅田将暉・奇妙礼太郎、自身の芸名について語る「受け入れ難かった」「適当に付けた」

By -  公開:  更新:

6月7日(月)深夜に放送された、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)に、シンガー・ソングライターの奇妙礼太郎(きみょうれいたろう)がゲスト出演。2人とも、本名ではなく芸名でそれぞれ活動しているが、奇妙は名前の由来が全く無いことや、菅田は名付けられた時にしっくりと感じなかったことを明かした。

菅田:名前は自分で考えたんですか? 僕、奇妙さんのことを知ったきっかけが、その名前で。“「天才バンド」のボーカル・奇妙礼太郎”っていう字面を見て、何だこの人? って。

奇妙:多いなぁ、って?(笑)

菅田:そう、すごいなぁ! って。何だろう? と思って聴き始めたのがきっかけで。

奇妙:まったく無名だったので、ライブのチラシとかに名前が載った時、見に行こうって思ってもらいたいなと思っていて。どんな名前がいいかな……と思って、けっこう適当に付けたんです。

菅田:適当に付けたんですか!?

奇妙:適当に付けましたね。なんとなく。

菅田:本名にかかっていたりとか、そういうのではなく?

奇妙:由来は全然ないんですけど、字面が好きで。

菅田:怖くないですか? ここからの人生、全部“奇妙”で行くんや……みたいな。僕も、菅田将暉って芸名なんですけど……。

奇妙:えー!

菅田:最初はやっぱり受け入れ難かったですもん。なんなら未だに「将暉」は受け入れられていないところがちょっとあって。

奇妙:ああ、そうなんですか!?

菅田:馴染まないというか。

奇妙:名前を決めた後、そうでもなかったらまた変えようと思っていたので。

菅田:あはははは(笑)。ハマらなかったら変えよう、ぐらいの感じだったんですね。

自身の名前は適当に付けたという奇妙だが、今年2月から一緒に暮らしている猫の命名には慎重で、未だに悩んでいるとのこと。一応、「チロ」という名前を付けたが、名前が決まるまでの数か月間「おにゃん」「にゃんちゃん」と呼んでいた為、「チロ、ちゃうなぁ……」と感じているという奇妙。菅田が「チロ」と呼んだら振り返るのか? と質問し、奇妙が「何でも振り返るんですよ(笑)」と明かすと、菅田が「かわいいー!」と言って悶絶していた。

番組情報

菅田将暉のオールナイトニッポン

毎週月曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

映画・ドラマ・CM、そして歌手としても活躍する菅田将暉が、毎週月曜日のオールナイトニッポンで2時間トーク!メールは毎週様々なテーマでお待ちしています。


Page top