走り回る子供もきれいに撮影!超高性能カメラ搭載の新機種「Xperia PRO-I」を体感

By -  公開:  更新:

1月2日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、昨年末に新発売されたソニーのスマートフォン「Xperia PRO-I(エクスペリア プロ-アイ)」を手にして実家に帰省した際、そのカメラの性能が周りに大好評だったことを明かした。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。昨年ソニーは、様々な「Xperia」製品を発売。4月には「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」「Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)」「Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)」の3モデルを発表し、「Xperia 1 III」「Xperia 5 III」がドコモ、au、SoftBankから、「Xperia 10 III」が ドコモ、au、Y!mobileから発売中。さらに年末頃には「Xperia PRO-I」「Xperia View(エクスペリア ビュー)」の2点も発売された。

その中から、最新機種である「Xperia PRO-I」をこの度手にしたという吉田。年末年始に実家へ帰省した際、早速そのカメラ性能を試したそうだが、その画質のきれいさに、吉田も周りの人たちも驚いていたという。

吉田:「Xperia PRO-I」という、プロ用の1.0型イメージセンサーとツァイスのレンズを3つ搭載している機種が12月の末に出たんですが、とうとう私、入手いたしました!この年末年始、ちょっとだけ実家とか帰って、嫁と娘と姪っ子とか撮ってたんですけど、むちゃくちゃ評判いい!

ZOC・西井万理那(パートナー)&CUBERS・末吉9太郎(パートナー):へぇ~!

吉田:姪っ子は今年小学生とかだから、じっとしてらんないんですよ。だから、時間の掛かる一眼カメラとかだとじっとしていてくれないんだけど、「Xperia PRO-I」だと、ぱっと撮って、この画質!?みたいなのが撮れるのよ。やっぱり「Xperia PRO-I」はほんとにすごいですよ。

西井:画質やばいもんね!

吉田:しかも、ビデオ撮影に特化した新機能「Videography Pro」も「Xperia PRO-I」には入ってて、しかも4Kの120fps。4Kで120分の1のスピードで撮れるんで、120連射しているようなもんだから。ずっと動いちゃう子は、ビデオで撮っておいて、あとでそこから切り出したりするという、そういう使い方もできますよ。

西井:そっか、(動画から切り出しても)写真みたいにきれいできるんだ。

吉田:しかも「Xperia」初の、動画撮影時に、瞳AF、オブジェクトトラッキングにも対応しているということなので、子供が走り回ってても目にピントが合い続ける。本当にお正月向きでした。

「Xperia PRO-I」の性能を新年早々体感したという吉田。また吉田は、「Xperia」のほかの機種の性能についても解説。「Xperia PRO-I」よりもやや小型でレンズの望遠の度合いがすごい「Xperia 1 III」、高画質な上にコンパクトサイズで持ち運びやすい「Xperia 5 III」、価格的に手頃で手に入れやすい「Xperia 10 III」と、それぞれの特徴を説明し、自身の都合に合わせて選んでいただきたいと語っていた。

さらに「Xperia View」についても解説。これは「Xperia 1 II」または「Xperia 1 III」をはめ込むことで使える「Xperia」専用のVRゴーグルで、世界初となる8KのHDRで視野角120度のVR映像を堪能することが可能。現在、乃木坂46とコラボしたオリジナルVRコンテンツ『いつか混ざりたいものです』が公開中となっている。

さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、青い光で目元を隠しながらライトセーバーのような小型LEDライトを持つ吉田を「Xperia 1 III」を使って撮影したもの。「Xperia 1 III」の色調整機能でグリーン方向に色を転ばしてSFっぽい色味にしつつ、16mmの超広角レンズで天井の骨組み(トラス)が入るように下から煽って撮影しているという。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top