高性能なままに軽量化!4つの焦点距離で撮影可能なレンズに防水防塵機能も搭載のコンパクトスマホ「Xperia 5 III」の魅力

By -  公開:  更新:

3月20日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、スタジオに用意された最高級コンパクトスマホ「Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)」の魅力的なポイントをアピールした。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。現在注目の「Xperia」製品は、「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」「Xperia 5 III」「Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)」「Xperia PRO-I(エクスペリア プロ-アイ)」、さらに「Xperia」専用のVRゴーグル「Xperia View(エクスペリア ビュー)」も話題となっている。

今回吉田は、ゲストに古生物学者の芝原暁彦を迎えて、「Xperia 5 III」に搭載された機能について解説した。

吉田:スタジオには、「Xperia 5 III」を用意させていただきました!こちらは、幅68mmのコンパクトサイズの本体に、「Xperia 1 III」と同じ高性能AF機能を搭載いたしました。16mmの超広角レンズ、24mmの広角レンズに加えて、70mmと105mmの可変式望遠レンズを搭載しています。画面が、21:9のHDR対応有機ELディスプレイを採用していて、2つのアプリを同時表示して、地図とSNSを両方見ながら待ち合わせ場所に行けたりするなど、使い方が様々です。しかも、防水防塵。芝原先生は、古生物学者なので化石掘りに行ったりするんですよね?

芝原:しますします。

吉田:化石掘りに行ったりする現場だと、防水防塵のスマホとかすごくいいですよね?

芝原:もう必須ですね。

吉田:(スマホは)コンパクトな方がいいよという方いらっしゃったら、高性能なまま軽量化もできていてるので、「Xperia 5 III」だと「Xperia 1 III」に比べて20g軽いです。逆に画面がでかい方がいいって方は、「Xperia 1 III」を使っていただきたいと思います。「Xperia 5 III」の方は、グリーンとピンクに加えて、日本限定カラーのフロストシルバーにフロストブラック。ソニー「Xperia」の公式サイト『PASSIONS』では、様々なジャンルのクリエイターが撮影した写真を楽しめますので、ぜひ、こんな例もあるんだというのを見ていただきたいと思います。

古生物学者にとっても必須の、防水防塵機能を備えたスマホについて解説した吉田。さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、飲食店が立ち並ぶ路地を歩く渋い雰囲気の吉田を、「Xperia 1 III」に搭載されている105mmレンズの望遠レンズを使って撮影したもの。このレンズは遠近感が自然に表現されるため、これと背景ぼかし機能を合わせると、あたかもプロ用のデジ一眼で撮ったような写真が撮影できる。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top