「空疎で無意味な外交文書」辛坊治郎が一蹴 日中国交正常化50年 岸田首相と習国家主席が送り合った祝電

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎が9月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。日中国交正常化50年で、岸田文雄首相と習近平国家主席が互いに送り合った祝電について、「空疎で無意味な外交文書」と一蹴した。

(左)国連総会議場で一般討論演説を行う岸田総理 2022年9月20日 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202209/20usa.html /(右)日中首脳会談 中国の習近平国家主席 =2019年6月27日午後、大阪府大阪市北区 写真提供:産経新聞社

日中国交正常化から9月29日で50年を迎えたことを受け、岸田文雄首相と習近平国家主席はメッセージを送り合った。岸田首相は、祝電で日中関係はさまざまな可能性とともに数多くの課題や懸案にも直面していると指摘したうえで、国交正常化を成し遂げた原点を思い直し、日中関係の新たな未来を切り開いていくことが重要だと呼びかけた。また、今後50年も見据え、建設的かつ安定的な関係の構築を進めていきたいとも強調した。一方、習国家主席は、祝電で中日関係の発展を非常に重視しており、新しい時代の要求にふさわしい関係を構築するよう牽引していきたいとのメッセージを披露した。

辛坊)「50年後に日中関係がこうなっているなんて、誰が想像したでしょうか」という感じですよ。当時、日本と中国の国力は全く違いましたからね。中国は国の面積も大きければ、人口も多いです。国という単位で規模を比べたら、比べものにならない状況です。ただ、いろいろな経済指標を見ると、全て中国に追い抜かれているという状況ではありません。とはいえ、50年後に中国共産党がこれほど強くなり、なおかつ独裁が進み、我々の望んでいた方向とは違う方向に走っていて50年を迎えるとは夢にも思いませんでしたね。

日中国交正常化を迎えるにあたり、日本から中国へ、中国から日本へ、外交文書のお手紙が届いています。全文が手元にありますので、全文を紹介します。いかに中身がないかがよく分かります。極めて儀礼的です。

-----

中華人民共和国主席 習近平閣下

今から50年前、日中両国の指導者は、戦略的思考と政治的勇気により、日中関係の新たな歴史を切り開きました。以来、日中両国は、経済、文化、人的交流等の幅広い分野で、着実に関係を発展させてきました。

現在、日中関係は、さまざまな可能性とともに、数多くの課題や懸案にも直面しています。50年前に両国の国交正常化を成し遂げた原点を思い直し、共に日中関係の新たな未来を切り開いていくことが重要です。

日中両国は、地域と世界の平和と繁栄に対して大きな責任を共有しています。今後の50年も見据え、閣下とともに、両国のみならず、地域と世界の平和と繁栄のため、建設的かつ安定的な日中関係の構築を進めていきたいと思います。

最後に、閣下のご健勝および貴国のさらなる繁栄を心から祈念いたします。

2022年9月29日 日本国内閣総理大臣 岸田文雄

 

-----

辛坊)見事に空疎ですね。外交的に、このタイミングで、絶対にどこからも突っ込みを入れられないという内容です。そういう意味では、何も送らないのと同じような見事な文章です。一方、中国から日本へ届いた文章の日本語翻訳文です。こちらも文字はいっぱい並んでいるけれども、中身がありませんね。現状の日中関係を見事に表しています。

-----

東京 日本国 岸田文雄首相

尊敬する首相先生 中日国交正常化50周年にあたり、中国政府と中国人民を代表し、また私個人の名義で、日本国政府と人民に謹んでごあいさつとお祝いを申し上げます。

50年前の今日、中日両国の古い世代の指導者たちは時機と情勢を見極め、大所高所から遠く未来まで見通し、中日国交正常化という重大な政治決断を下し、両国関係の新たな1ページを切り開きました。50年来、両国政府と両国人民の共同努力のもと、双方は4つの政治文書と一連の重要な共通認識に達し、各分野における交流と協力を絶えず深化させ、両国と両国人民に重要な福祉をもたらし、地域ひいては世界の平和と発展を促進しました。

私は中日関係の発展を非常に重視しており、首相とともに、双方が国交正常化50周年を契機に、時代の潮流に従い、新しい時代の要求にふさわしい中日関係を構築するよう牽引(けんいん)していきたいと思います。

貴国の益々のご繁栄と国民の益々のご多幸を祈念いたします。

中華人民共和国主席 習近平 2022年9月29日於北京

 

-----

辛坊)中国では当たり前なんでしょうか。「私個人の名義で」と、主語が「私」になっています。このあたりに習国家主席の神格化というか独裁化というものが微妙に出ているような感じがしますね。公式文書だから表に出たとき、中国国内の世論を敵に回さないっていうことが見事に実現されています。素晴らしく無意味な外交文書です。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top