民進党・松原仁が登場!代表選について辛坊治郎が切り込む!

By -  公開:  更新:

8/26(土)ニッポン放送「辛坊治郎ズームそこまで言うか!」では、ゲストに民進党・衆議院議員の松原仁さんをお迎えしてお話を伺いました!

辛坊)いま民主党の代表選の真っ最中じゃないですか。しかも党員サポーターの投票締め切りは30日ですよね?今日・明日あたりが、ハガキを書く最終のタイミングでデリケートな時だと思うんですが大丈夫ですか?

松原)大丈夫です!開かれた代表選挙ですから!

辛坊)党員サポーターって何人ぐらいいるんですか?

松原)非常に多くて、30万人・40万人ほどいらっしゃいます。

辛坊)4分の1ぐらいのポイントになると思うんですが…ズバリ聞きます!!どっちが良いですか?

松原)それはもう、前原誠司がこの時期には適切だと思います。

辛坊)その心は!?

松原)日本の外交・防衛に関して前原誠司は一貫した姿勢を持っていて、さらに多くの国会議員を含めて前原さんに期待するという声が大きい安定感ですかね。

辛坊)枝野さんじゃダメなんですか?

松原)枝野さんも頑張って欲しいと思ってますね。

辛坊)いやいや(笑)。ぶちゃけ、枝野さんが代表に選ばれたらどうしますか?

松原)その場合は挙党一致で支えるというのが当たり前ですからそのように致します。

辛坊)でも、そう言ってやーめた!って言う人もいたじゃないですか。

松原)過去にはそういった人もいましたがそれを反省した民進党、NEW民進党は変わりますから。

飯田)民進党、東京都連の会長を7月に辞任されましたが厳しい戦いでしたか?

松原)厳しいというのを越えて、今までになかった状況の戦いでした。民進党の地方議員が150人いますがそのうちの50人は眦を決して都民ファーストの会を応援するという環境で極めて選挙として苦しかったと言うよりは普通ではない選挙でしたね。

飯田)仲間が去っていくというのは都連会長として辛かったですか?

松原)仲間が去っていって、その仲間に対して厳しい扱いもできない処断も出来ない、かと言って仲間として一緒にやることも出来ないという。非常に複雑な感情を持たざるを得なかったですね。民進党最大の支援母体の連合東京は、都民ファーストと民進党と同じように推薦して行動していたので敵対勢力にはならないわけですね。ただ都民からしたら、何でドミノになるんだ、離党するんだという…。非常に説明もしづらかったし、そういった環境になってしまったことを含めて都連会長として潔く辞したわけですね。

辛坊)でも松原さん。本音のところで言うと、いくら都民ファーストに勢いがあったからって民進党の看板捨てて、都民ファーストに乗り換えちゃうのって、心情的にどこか許せない!って気持ちはあるんじゃないですか?

松原)まぁ、、男は黙って勝負するわけですが心の中は激しく嵐が吹き荒れていたわけですね。

辛坊)それで言うと、前原さんが選ばれたら次の選挙に向けて、どういう選曲調整を行うのかわかりませんが都民ファースト、日本ファーストに名前が変わるそうですがそこと手を携えてって事になりますが、心情的には許せますか?

松原)結果が出てますから。政治は結果論ですから。都民ファーストが極めて圧勝しました。本来、民進が強かったときに、民進党に票を入れた人は都民ファーストにいれているんです。本来、都民ファーストのお客さんだった人が都民ファーストに行っているのなら連携してお客さんを取り戻すのかが政治的に高度な課題だと思いますね。

辛坊)おっしゃることはよく分かるんですが結局民進党が溶けて、都民ファーストが膨らむということはないですか?

松原)なった場合、前原新代表には、頑張ってもらわないとですね。

来週9/2(土)の「辛坊治郎ズームそこまで言うか!」では防災特集をお届けします。ゲストは伊藤和明さん(防災情報機構会長)、末次忠司さん(山梨大学大学院教授)です。

辛坊治郎ズームそこまで言うか!
FM93AM1242ニッポン放送 土曜 13:00~15:00

Page top