年に一度の大イベント!「CEATEC JAPAN2017」に見る“自動運転技術”と“音声分離・再現技術”の今とは?

By -  公開:  更新:

今回は、私、東島衣里がレポートを担当します。幕張メッセで開催されている、年に一度の大イベント、『CEATEC JAPAN2017』を取材してきましたよ!

▼未来につながる情報関連技術の展示会としてすっかりお馴染みとなった、こちらのCEATEC。いま話題のAI、すなわち「人工知能」の最先端技術を始め、未来のテクノロジーと将来のトレンドが、立ちどころに見える展示会と言われているんです!近未来の風景を目の当たりにできる、夢のような空間…とも言えるかもしれません。

▼今回の展示会のテーマは、「つながる未来、共創する未来」。共創というふた文字は、「共に創る」と書きますが…「業種、業界を超えた連携を生み出して、共に豊かな未来につなげたい!」という、関係者の方々の熱い意気込みが、ひしひしと伝わってくるテーマですよね!

さて… 今回、この展示会の中でも、とくに私・東島の目をひいたのが、三菱電機のブース!まずは三菱電機の酒井さんに、今回の出展の狙いとコンセプトを伺いました。

酒井さん 当社ブースでは「IoT(アイオーティー)を活用した技術シナジーで、豊かな社会づくりに貢献する三菱電機」をコンセプトに、誰もが、安心・安全・快適に暮らせるための、最先端の技術、製品を展示しています。

酒井さんのお話にもありました「IOT」、これも今回の展示会の注目のひとつ。この「IOT(Internet Of Things)」とは、あらゆるモノをインターネットにつなぐ最新技術でして、例えばお風呂場にインターネットをつなぐと、自分好みの照明の明るさにしてくれたり…街全体をインターネットでつないで省エネと快適な暮らしをサポートしてくれたり…この「loT」により、今の生活がさらにさらに便利になる!というわけなんです。

そんな三菱電機のブースでは、見て触って実際に体験できる、ワクワクするような「体験展示」など、本当に様々な展示がなされていたのですが…まずは、まさに、心躍るワクワク体験!いま話題の「VR仮想現実」技術を使った、クルマの自動運転を体験してきましたよ!

東島)いま、VRのゴーグルをつけてます。あ!目の前に車のハンドルがありまして、実際に180度の視界に、路上の光景が広がっているんですけれども・・あ!映像では、ハンドルを一切触っていない、腕を浮かせた状態なんですけれども、スイスイ路上を進んでいきますね。なめらかですね。あ!曲がりました!いまハンドル触ってませんよ。うまく小回りがきくんですね。へぇー、空間も完璧に把握されてるってことですよね!

東島)… 本当にビックリしちゃいました。自動車の予防安全実現に向けたこの自動運転技術ですが、一体どんな仕組みで動いているのか、伺いましょう。

解説)このシステムは、車に搭載されたカメラやレーダーなどの機器に加え、日本版GPS、準天頂衛星システム「みちびき」のセンチメーター級の精密な位置情報を使用して動いています。実は、準天頂衛星「みちびき」も当社製なんですよ。既に3機が宇宙の軌道上にあり、今月10日には4号機が打ちあがる予定です。

そして、もう1つ!たくさんある展示の中でも、とくに私が気になったものがあったんです。一見、1本のマイクがポツン… と立っているようにしか見えない展示なんですが…私と番組のスタッフが同時に話しかけると、物凄い出来事が起こったんです!

東島)幕張メッセは東京駅から電車でおよそ30分!
スタッフ)10月3日からCEATEC JAPAN開催中!

ふたり同時にしゃべってます!すると終了後…???

音声1)10月3日からCEATEC JAPAN開催中!
東島)すごーい…
音声2)幕張メッセは東京駅から電車でおよそ30分!
東島)わぁ、すごいですね!感動しますコレー!

何が起こったか分かりましたか?私が、「幕張メッセは東京駅から電車でおよそ30分!」そして番組のスタッフが「10月3日からCEATEC JAPAN開催中!」という文章を、同時にマイクに話しかけたんですが… そのあとになんと!キレイに、文章が、分離して再生されたんです!

▼この脅威の「音声分離・再現技術」。三菱電機が独自のAI技術を用いまして、「世界で初めて」マイク1本で、ふたり、あるいは3人が同時に話す音声を「分離」!さらに、キレイに「再現」することに成功した… ということなんです!当然日本語以外も大丈夫です。たとえば、日本語と英語、日本語と中国語のように…。

では、この技術、具体的には、どんなシーンで使われることになるのでしょうか?三菱電機の説明員の方にお聞きしましたが、独自の人工知能AIが、いろんな音声を繰り返し認識し学習することで、会話の微妙なイントネーションの違いまで区別して、振り分けているんだそうです。

たとえば、家族が揃っているおうちの中、エレベーターの中、都会の雑踏の中など、複数の人たちがいる場所で、ケータイ(スマホ)を使うことってありますよね。そんな時、まずはこの技術を使うことによって、音声の品質改善や、音声認識の性能向上が期待できる… ということなんです!

可能性は無限に広がりそうですね。私も、いろいろと使い道を考えてみたんですが…

▼「会議の議事録」代わりに…。いっぺんにいろんな人が喋っていても、あとで音声を「分離」して「再現」すれば、実際の会議以上に、それぞれの発言を理解することができるかも?さらに言えば、ゆくゆくは議事録を「自動筆記」してくれるようになるかも…?

 

まさに日進月歩、ニッポンの科学の粋を集めた脅威の技術!未来への想像が広がりますね。今回取材した『CEATEC JAPAN2017』は、今週6日(金曜日)まで、幕張メッセにて、毎日午前10時から午後5時まで開催されています。世界に誇る、ニッポンの最新技術。興味がある方は是非、足を運んでみてください。オススメです!

10月4日(水) 高嶋ひでたけのあさラジ!「三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

Page top