高嶋ひでたけと東島衣里アナが原宿インスタ映えスポットをレポート!

By -  公開:  更新:

今週の「ひでたけのやじうま好奇心」は、2017年の話題になった現場にわたくし高嶋が実際に足を運び「今」を語る「高嶋ひでたけのひでさんぽ2017」をお届けしています。

三日目の今回は、ことしのユーキャン新語・流行語年間大賞で大賞に選ばれた「インスタ映え」の撮影スポットを求めて、若者と外国人観光客でごった返す「原宿」に、東島クンの案内のもと、行ってまいりました!

ちなみに「インスタ映え」とは…スマホのアプリ「Instagram(インスタグラム)」に写真を投稿した際に、見栄えが良かったりして映える… という意味のことです。さっそくレポートをお聴きください!

高嶋)いや~久しぶりだな! 暮れなずむ原宿の駅前におりますが…今日はですね、テーマが「インスタ映え」。ちょうど今暮れなずむって最初に言いましたけども、これがキーワードでしてね。これからいろいろと輝くライトがですね、光を増して来て、ますます、インスタ映え、インスタ映え! インスタ映え!… する時間帯になってくるということなんです(笑)。でもホントのこと言いますと、私よくわかってないんで、今日はですね、東島くんにいろいろと説明していただきます。

東島)はーい、東島です。

高嶋)インスタ映えってなーに?

東島)写真映りがものすごくいいという写真ですよね。

高嶋)インスタグラムとかいうのがあるんでしょ?

東島)そうなんです、SNSですね。

高嶋)だけどね、やたらキラキラする写真が多くて、うまいだろう! みたいな、きれいだろう!とか、なんかそういう自慢のものなんじゃないかって気がするんだけど。

東島)そういう面もありますよね。そこでみんなどんどん張り合ってインスタ映えを狙っていくわけなんですよ。

高嶋)おしえてください!

東島)はい、お任せ下さい!

高嶋)行ってみましょう!

まずは… ホントにインスタ映えする写真をみんな撮っているのか? 竹下通りにいる高校生にインタビューしてみましたのでお聴きください!

竹下通り/高校生の皆さんにインタビュー

東島)いま、男の子4人組、ちょっと足を止めてもらったんですけど。何年生ですか?

男子)高校2年生です。

東島)インスタ、やってますか?

男子)やってます!

東島)え? これどこ?

男子)(横浜の)赤レンガ倉庫ってとこですね。

東島)ライトアップしてるからねぇ。

男子)めっちゃおいしいハンバーガー屋さんがあって・・(写真見せる)。

東島)うわ! 美味しそう! これはインスタ映え何点くらい?

男子)85点ですね。

東島)インスタやってる人?

女子)はい!

東島)お! ほとんどみんな! 見せて見せて。

高嶋)むちゃくちゃピンクだね! どこの部屋これ?

女子)あっちにあった・・

高嶋)この竹下通りにあるの? そういう部屋が?

東島)原宿にある真っピンクですね!

高嶋)え? いくら? それ撮るのに。

女子)無料です。

高嶋)無料か!

東島)インスタ映えするときの写真と撮るときのコツとかってある?

女子)斜め45度です(笑)。

東島)可愛く見えるんだよね!

女子)はい! 上目遣いで。あ、マフラーで小顔効果を・・・

東島)うまくいってる?

女子)なかなかです(笑)!

東島)ということで高校生に話を聞きました。みんな、インスタ映えする写真をたくさん撮ってました! スマホの写真アルバムの中には、カラフルな写真がいっぱいでしたよ!

高嶋)そして! 東島クンが何かを買ってくるということなので、竹下通りのど真ん中にありますお店の前で私一人、待たされてしまいました。一体何を買ってきたのか?その様子をお聴きください!

TOTTI CANDY FACTORY レポート 

東島)ガラス張りの空間の中に、2つ綿菓子機というものがありまして、なんて言うんでしょう、かき氷機に蜜をかけるごとく、緑、ブルー、こうやってレインボーになっていくんですね・・・あっという間にお姉さんの顔の3倍くらいになりました。

店員)はい、お待たせしました、気をつけてお持ち下さい! ありがとうございます。

東島)高嶋さん! お待たせしました!

高嶋)もうね、待ちくたびれたよ! おれ!

東島)行列がすごかったんですもん。見てください、これです!

高嶋)もうみんな持ってるからね。

東島)そうか、見てたのか!

高嶋)見飽きた(笑)。

東島)あの、30センチくらいの竹串なんですけど。

高嶋)だけどこれ、いくら?

東島)900円。

高嶋)ホント、いわゆるレインボーカラーだよね。下にいけばいくほど、サンタクロースの帽子みたいにワーって膨らんでてさ。

東島)そうなんですよ。

高嶋)で、これが全部わたあめ?

東島)わたあめなんですよ!

高嶋)みんな見てるとね、まず必ず自撮り。そしてちょっとつまんでね。舐めて。ほら後ろの子もそうでしょ? それがだんだん面倒臭くなってきてね、わぁ! ってちぎってわぁ! わぁ! わぁ! って・・・・食べていい?

東島)ではいただきます! もうどこから食べたらいいか。一応45センチくらい高さがあるんですよ。

高嶋)ふかふかの綿みたい。んー・・、あれ? 一気に口の中で溶ける!

東島)そうなんです! ふわふわですね! おいしいなぁ。

高嶋)これはしかし、全部食ったら酒飲みたくなくなっちゃうね・・・

東島)そして日が暮れますね。全部食べてたら!

東島)ということで今年の夏に特に大流行した、「原宿レインボーわたあめ」を食べた様子をお送りしました。

■「TOTTI  CANDY  FACTORY」原宿には2015年3月にオープン。(現在、名古屋と立川にもお店あります)
■夏休みともなると1日およそ3千人のお客さんがやってくる
■混雑時は整理券配布。過去5時間待ちの日もあったそうです。
■プレーン、サイダー、レモン、ストロベリー、グレープ、メロンと6種類のフレーバーで作られています(実は6色でした)。
■16種類から3色選ぶのは600円/今回食べたのは一番大きい900円。

高嶋)さぁ、原宿を歩いていたら、だんだんと日が暮れてきました。最後に東島くんに案内してくれたのは、竹下通りをつきって、明治通りを渡った、ちょっと寂しい細い路地・・・いったい、どんな「インスタ映えスポット」だったのか? それではお聴きください!

プリンセス ワンスプーン東京 レポート

高嶋)なんかずいぶん今度静かなとこに来ちゃったね。

東島)そう。ちょっと路地に入りましたよ。

高嶋)で、右折したら誰もいないという。どこにいくんだろう・・・

東島)大丈夫です、時期に分かりますよ。じゃん!

高嶋)なんだろかな・・・あ! なにこれ? あのー、面白い馬車の形をした・・・

東島)そう、シンデレラに出てきそうな。

高嶋)売店だね、だけど(笑)We Are OPEN!

東島)もう撮影セットのような感覚で。

高嶋)誰もいないじゃん。

東島)ははは! ちなみに時計、11時59分になってますよね。

高嶋)あ、シンデレラか。

東島)そうですよ! あと1分しかないの! っていう。

高嶋)これがね。馬車の形をしたね。これ売店だよ! だけど!

東島)ははは!

高嶋)そればっかりですけど。

東島)ちょっと商売っ気のあるシンデレラ。

高嶋)わかりました。こんなのもあると。

東島)ということで、こちらも女性を中心にインスタ映えスポットとして人気。「プリンセス ワンスプーン東京」という雑貨屋さんに行った様子をお聞きいただきました。

■プリンセス ワンスプーン東京とは… 小さじ一杯分のお姫様願望」という意味
■運営しているのは株式会社ビルジャン。2009年創業、名古屋の雑貨屋さんからスタート。雑貨店「水曜日のアリス」(東京・大阪・福岡・名古屋)が人気となり、姉妹店「プリンセス ワンスプーン東京」がオープンした。「水曜日のアリス」も同じ神宮前にあり移動10分程度。はしごする人も多い。
■店の外にある時計は11時59分で止まっている。
■階段の途中には「ガラスの靴」がある。
■店内は①「プリンセスの間」お姫さまのプライベート空間。アクセサリーやバッグ・ポーチなど1,500種類の雑貨のコーナー。どれも千円前後とリーズナブル。
②「ヴィランズの間」おとぎ話に必ず出てくる悪役の継母や魔女をモチーフにした、少しダークで大人っぽいアクセサリーや雑貨のコーナー
③「舞踏会の間」金平糖や、グミ、キャンディお菓子を集めたお部屋も大人気。

東島)高嶋さんと撮影した、インスタ映えする写真は、「あさラジ」のFacebookに掲載します。女子高生の話していた、竹下通りの一面ピンクのショップで撮影した様子もありますよ! ぜひご覧になってみて下さい!

高嶋)以上!「高嶋ひでたけのひでさんぽ2017」インスタ映えスポットでした!

12月13日(木)高嶋ひでたけのあさラジ!「三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

Page top