手芸が織り成す物語の数々! キルトフェスティバルへ行ってみよう!

By -  公開:  更新:

毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ。
本日は好奇心くすぐる旬の情報をお届けします。

第17回 東京国際キルトフェスティバル 布と針と糸の祭典 東京ドームシティ

第17回東京国際キルトフェスティバル ―布と針と糸の祭典―(東京ドームシティ公式サイトより)

今日ご紹介するのは、今週25日から7日間にわたり、東京ドームで開催される「東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-」です。

キルトとは、表の生地と裏の生地の間に薄い綿を入れ、重ねた状態で刺して縫う……つまり、“キルティング”したものを指し、現在日本で見られる定番のキルトは、1800年中盤のアメリカで全盛期を迎えたものですが、その元となったのはイギリスと言われています。

1600年、イギリスに貿易を行う東インド会社が設立。アジアの美しい布が手に入るようになり、裕福な貴婦人たちは何種類も集め、当時流行していたパッチワークにして、屋敷に飾り、人に見せることをステイタスにしていたのだとか。

そんな上流階級の楽しみから生まれたパッチワークが、やがてキルトに。いつしか手芸という枠を飛び越え、芸術としても一目置かれる存在になっていったそうです。

17回目となる今回のフェスティバルでは、キルト作家らが、「はらぺこあおむし」で知られる絵本作家エリック・カールの世界や、「若草物語」の世界を表現する企画をはじめ、出典ブースが200にもなる日本最大級のキルトマーケットもあるそうです。

<ユイカの感想>

キルトのイメージが変わりました。“キルト”と“パッチワーク”の違いが、そもそも分かってないかもしれないですね。

表と裏の2枚の布の間に、薄い綿状の布を挟んで縫っていくのがキルトで、パッチワークは、小さな端切れを縫い合わせていく。だから、どっちも合わさったものもあるってことですね。

「若草物語」の企画展の写真を見ると、女性が手を出していて、その手に男性がキスしています。これもキルトの世界なの? ステキ……実際にできているのを見たら感動するでしょうね。ステキです。完成までかなり時間がかかりそうです。物を作るということはやはり時間がかかります。

6年くらい前、スヌードを編もうと思って、マフラーを輪っか状にしてないヤツが、まだ家にあります(笑)。よく行くお店で、明後日から「スヌードづくり体験」のワークショップが始まるって聞いて、わたしがこのスヌードのトラウマを話したら、お店の人に「一緒にトラウマ、解消しましょう!」って誘われてしましました。いま行こうかどうしようか、迷っているところです。だって、けっこう時間かかるんですよ。丸1日、朝からやってお昼も挟んで……。

でも、リベンジしたいですね! このキルトをご紹介しながら、手芸のことを思い出してしまいました。

ということで、今日は色彩の芸術、キルトフェスティバルのご紹介でした。

(1/22日放送分より)


『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 15:36~ ABCラジオ14:54~

Page top