日本で最初にブーツを履いた人物はあの偉人!

By -  公開:  更新:

“日本人で最初にブーツを履いた人”とは誰なのか? 実は『坂本龍馬』さんだそうです。“新しモノ好き”として知られた龍馬さんですので、外国の方が履いていた『ブーツ』に興味を持つのも当然だったと考えられます。実際に『ブーツ』を履いている写真が、現在2枚残っています。1枚は『立っている姿』、もう1枚は『座っている姿』ですが、実はこの時、履いている『ブーツ』は違うものだと分かりました。

『立っている姿』の写真で、龍馬さんが履いている『ブーツ』は先端の部分が破れて、そり上がっています。この『ブーツ』は長州藩の高杉晋作さんから贈られたものだそうです。

それに対して、『座っている姿』の龍馬さんが履いている『ブーツ』ですが、これには2つの説があります。1つめの説は、龍馬さんは幕末に商社『亀山社中(かめやましゃちゅう)』を作って、外国と貿易を始めました。この時、後ろ盾になって支えてくれたのが、イギリスの商人トーマス・グラバーさんです。このグラバーさんの長崎の住居が『グラバー邸』です。龍馬さんはグラバーさんから『ブーツ』を購入したのでは・・・? これが1つめの説です。

もう1つの説は、『亀山社中』のすぐそばに『トンプソン靴店』という靴屋さんがあったそうです。その『トンプソン靴店』のカタログに、龍馬さんが履いていたのと同じ型の『ブーツ』が載っていたことから、ここで龍馬さんは『ブーツ』を購入したのでは・・・と言われています。

(2018/2/14放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top