尾崎豊と音楽プロデューサーが1冊のノートで育んだ17歳の魂の叫び

By -  公開:  更新:

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは「私の大好き!アーティスト 初めて買ったこの一曲」にちなんで、特にリクエストが多く寄せられたアーティスト・尾崎豊さんの担当ディレクターに、デビューアルバム『十七歳の地図』の創作にまつわる秘話を伺いました。

1983年暮れ、青山学院高等部在学中に、アルバム『十七歳の地図』とシングル『15の夜』でデビューした、シンガーソングライター・尾崎豊さん。レコード会社・CBSソニーが開催したオーディションに合格した尾崎さん。最初の担当ディレクターが、「育ての親」ともいえる現在はフリーの音楽プロデューサー・ 須藤晃(すどう・あきら)さん・65歳です。

須藤さんはもともと、現代詩が好きな文学少年で、東大英文科に進み「石川啄木のような詩人になりたい」と思っていました。しかし父親に「詩人で食えるわけがないだろう!」と言われ、CBSソニーに就職。ディレクターとなり、尾崎さんの担当を任されたときは、29歳でした。

「最初に会ったとき、彼は約束した時間に、会社に来なかったんですよ」という須藤さん。待つこと1時間……レコーディングがあるので、もう行こう、と席を立ち、エレベーターのボタンを押した瞬間、開いたドアの向こうに、制服姿の美少年が立っていました、「『すみません! 遅れました!』という声が、すごく聴き取りやすいきれいな声だったんです。ルックスもいいし、初めて会った瞬間から、心をつかまれましたね」という須藤さん。カバンを持つ手の甲に、タバコを押しつけられた痕があったことも、強く印象に残りました。

自分より13歳年上の須藤さんに、なかなか打ち解けようとしなかった、当時16歳の尾崎さん。須藤さんは「これに、学校のこと、家のこと、友達のこと、女の子のこと…何でもいいから、今あなたが思うことを書いてきて」と、1冊のノートを渡しました。毎週尾崎さんに会うたびに、ノートに書かれた、まだ歌詞とは言えない散文を見て感想を伝え、尾崎さんの多感な心の内を徐々に理解していった須藤さん。好きな本について話しているうち、尾崎さんも石川啄木を好きなことに気付きます。短歌を詠む父親の影響もあったようですが、須藤さんは言います。

「若くして夭折した詩人って、どうでもいいことを考えすぎて書いてるところがあるでしょう。尾崎さんの書いてきた詞にもそんなところがあって、すごくいいなあ、と思っていたんです」

自分がなれなかった啄木のような存在に、尾崎さんがなれたらいいな……そう考えていた須藤さん。曲になりそうな歌詞がいくつかまとまり始めたある日、尾崎さんから、こんな連絡を受けました。「停学、食らいました…」須藤さんは、すぐにこう告げました。「よし、アルバムを作るぞ!」

停学中の時間を利用して、書きためた曲をリストアップ。「詞はだいぶ直してもらいましたが、基本的に僕が手を入れることはしなかった。『決まり事は何もないから、自由にやっていい』そう言ってましたね」という須藤さん。尾崎さんの荒削りで未完成な感じを、そのまま活かそう…そこで、須藤さんの頭に浮かんだアルバムのタイトルが『十七歳の地図』でした。

中上健次さんの小説『十九歳の地図』の、団地に住み、新聞配達をしながら鬱屈した日々を送る主人公の青年が、尾崎さんが書く詞のイメージと重なったことから、付けたタイトル。尾崎さんも「いいですね」とうなづき、このタイトルでアルバム用に曲を書くことになりましたが、上がってきた詞を見て、須藤さんは息を飲みました。

「歩道橋の上 振り返り 焼けつく様な夕陽が 今 心の地図の上で起こる 全ての出来事を照らすよ」

須藤さんは言います。「歩道橋から見た、昇る朝日ではなく、沈んでいく夕陽に生命を感じるなんて、すごい才能だと思いましたね。あのときの衝撃は、今も忘れられません」

この『十七歳の地図』をはじめ『15の夜』『OH MY LITTLE GIRL』、そして『I LOVE YOU』など全10曲を、須藤さんは基本的に、歌い直しを一切させず、すべてワンテイク、すなわち一発録りでレコーディングしていきました。

「何度も歌い直すと、鮮度が下がって、血が通わなくなるんです。あの素晴らしい声で歌う、17歳の尾崎豊の魂の叫び、僕はそれを加工せず、そのまま、レコードにしたかった。35年経った今も、若い人からの手紙が絶えないのは、彼の思いが直接伝わっているからですよ」

【10時のグッとストーリー】
八木亜希子 LOVE&MELODY 2018年6月16日(土) より

八木亜希子,LOVE&MELODY

番組情報

LOVE & MELODY

毎週土曜日 8:30~10:50

番組HP

あなたのリクエスト曲にお応えする2時間20分の生放送!
今、聴きたい曲を書いて送ってくださいね。

Page top