FIFA ワールドカップ・ポーランド戦~「暑さ」で日本の勝ち!?

By -  公開:  更新:

「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月28日放送)では、ロシア入りしているスポーツライター飯尾篤史に電話インタビューし、現地時間の17時キックオフとなる日本対ポーランド戦の行方を聞いた。

サッカー ロシア W杯 201 8岡崎 慎司 カザン

【サッカーロシアW杯2018】練習する岡崎慎司ら=2018年6月26日ロシア・カザン 現地は日本時間-6時間 写真提供:産経新聞社

自信みなぎる日本

飯田)いよいよポーランドとの1戦が間近ですが、代表の様子はいかがですか?

飯尾)ここまで大きなけが人もいないし、何より2試合で勝ち点4。それもある程度自分たちが思い描くサッカーを実現させポイントを得ているので、自信がみなぎっているのが感じられます。

飯田)現地の様子ですが、Twitterによると、飯尾さんは前回の試合から直接ボルゴグラード入りされたそうですが、暑いらしいですね。

飯尾)日中40度近くあります。夕方になっても、まだ40度近い30度後半。まさに猛暑で、汗が止まりません。そういう影響は、試合にも間違いなく出ると思います。


現地の温度は40度近く、日本に有利

飯田)キックオフの時間は、現地時刻でいつですか?

飯尾)17時ですが、まだまだ日が高くて、昼のようです。

飯田)では、体調というか、体力面ではタフな試合になりますね。

飯尾)コンディションが物を言うゲームだと思います。ですが、一方では「暑さに弱いのはポーランドの方では?」とも思います。日本としてはボールを動かしながら相手を揺さぶり、体力を奪い取るようなゲームの進め方がしたいですね。


レワンドフスキ選手をマーク

飯田)相手のポーランドはどんなチームですか?

飯尾)このグループも第1シードで、FIFAランキング8位の非常に強いチームです。ですが、今大会では2連敗してしまい、敗退が決まっています。ただ、「せめて1勝は」ということでモチベーションは高いし、レワンドフスキという世界屈指のストライカーがいます。彼にサイドからクロスを入れたり、セットプレーで合わせてくるのが特徴のチームですね。

飯田)では、レワンドフスキ選手をまずマークしないとダメだ、と?

飯尾)そういうことになります。一方で、ポーランドはサイド攻撃が得意ですので、彼にチャンスを与えないためにも、その方向も重要ですね。


日本は新しいメンバー~宇津美、武藤、山口に期待

飯田)ボールの出どころから潰していくということですね。
さて、一方で日本代表の方は今夜のキーマン、展望はいかがですか?

飯尾)もちろんここまでは香川選手、長谷部選手、大迫選手といった、センターでプレーする選手たちがキーマンとして活躍していました。しかし、今回はメンバーを入れ替えてくる可能性が高いです。そうなると、これまで出番の少ない宇佐美選手、武藤選手、山口選手や大島選手。こうした、新しく入ったフレッシュな選手たちに活躍を期待したいです。こういう新しい選手が活躍することで日本が勝てば、さらにチームが活気づきますので、決勝トーナメント進出後を考えても、フレッシュな新しい選手に注目して欲しいと考えます。

飯田)最後に、答え辛いと思いますが、スコア予想をお願いします。

飯尾)2対1で日本勝利ですね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。


Page top