車は右ハンドルなのに! 日本の電車の運転席が左側な理由

By -  公開:  更新:

あなたは電車の一番前、運転席をのぞいてみたことがありますか? いつも移動手段として乗っているだけだとしても、電車のその先頭には安全に走行するために運転士さんたちが日々働いています。

そこで運転士さんの後ろ姿をご覧になったことのある方に思い出してみてほしいのです。運転士さんは左側にいませんでしたか? 日本の車は右ハンドル。ここは日本なのにどうして電車は自動車と違い運転席が左なのでしょう。


車は右ハンドルなのに! 日本の電車の運転席が左側な理由

鉄道は産業革命のイギリスで蒸気機関車として生まれました。最初に製作されたのは1804年のこと。その後1840年代のイギリスは鉄道への投資熱が高まり、鉄道狂時代を迎えます。

海外では自動車は右側通行が多いのは広く知られていますが、イギリスは左側通行。というよりも、世界的にはイギリスの影響が強い国は左側通行、そうでない国は右側通行といわれています。そして日本の自動車はイギリスと同じく左側通行の右ハンドル。ですが日本の鉄道は左に運転席があります。

鉄道が日本にやってきたのは1872年、明治5年のこと。日本最初の鉄道は国による建設でした。開通されたときの運行距離は今では考えられないほど短く28kmしかありませんでした。輸入先はもちろんイギリス。そのとき、イギリスのシステムをそのまま導入したので鉄道は左側通行、運転席は左側にありました。駅のプラットフォームが左にあるので、駅員と運転士が連絡を取りやすい左側のほうが理にかなっているのです(人間も駅構内では左側通行です)。

けれど、昭和初期までは運転席の左右は混合していたそうです。それから戦後にできた信号や標識の法令に合わせ、運転席も左側に統一されたといいます。けれど、ここがびっくりなのですが、「運転席を左にせよ」という法律はないのです。なので小規模な鉄道ではごく少数、運転席が右側だったり中央だったりすることもあるそうです!

鉄道は知れば知るほど面白いですね。今回はそんな鉄道とキャンピングカーの合わさった面白いサービスをご紹介します。

 

MobiHo モビホ 小湊鐵道

MobiHo | 小湊鐵道HPより

キャンピングカーに泊まってみませんか?
今日ご紹介するのは、千葉県市原市にある自然豊かな小湊鉄道「養老渓谷駅」前でキャンピングカーに寝泊りできる宿泊サービス・・・その名も「鉄道」と「宿泊」を掛け合わせた「鉄泊(てっぱく)」です。

開け放したドアや窓からは周辺の木々や光がたっぷりと注ぎ込み、遠くからは列車や里山トロッコの心地のよい汽笛や走行音が聞こえ、夜には満天の星空を眺める。そんな夢のような一日を過ごしてみませんか?

キャンピングカーは最大「大人3人、子供1人」まで利用可能で、宿泊料金は1泊・税別5,000円から。1台あたりの金額設定ですので非常にリーズナブルです。車内にはエアコンや冷蔵庫、電気ポットが設置されており、シンプル且つ快適に過ごせます。

鉄道好きな方や養老渓谷散策の前後泊、キャンピングカーの購入をご検討の方にもおススメです。詳しくは「モビホ」のホームページをご覧ください。

MobiHo鉄泊
日程:2018年9月30日(日)までの1泊2日
※チェックインは15:00から21:00までにお願いします。
※チェックアウトは10:00までにお願いします。
※当日予約受付は16:00までにお願いします。
対象:
・18歳以上の男⼥(最大宿泊人数/大人3名+子ども1名)
・レンタカーとしてのご利用のため、普通自動車免許の所持が必要です。
TEL:047-496-3255(ワンズレンタカー内MobiHo担当まで)
https://mobiho.jp/kominatorailway/

【ハロー千葉】

Page top