テリー伊藤が提言 オリンピック燃え尽き症候群を防ぐ6か条

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」(7月1日放送)にて、タレントのテリー伊藤が出演し、『東京オリンピック後の日本人はこう生きろ!』を解説した。

 

来年の夏に開催される東京五輪。東京だけでなく、日本中が熱く盛り上がることは間違いない。先日は、チケットの当選結果が発表されて大きな話題に。さらに、聖火リレーに参加するランナーの募集が始まるなどオリンピックに向けて熱気が一気に高まりつつある。世界最大のスポーツの祭典である東京五輪を見ることが、人生の目標になったという高齢者の方も多いそう。そうなると心配なのが、オリンピックが終わった後の”オリンピックロス”!そんな燃え尽き症候群を避けるために、少し気がはやいかもしれないが、オリンピック後の生き方を考えようということで、「東京オリンピック後の日本人はこう生きろ!」という6か条を、本日のゲスト・テリー伊藤が提言した。

1.見知らぬ国に想いを馳せる

「オリンピックが終わって、みなさん帰っていきますよ!その後ろ姿を見送ったあとに、すぐ自分の生活に戻るのではなく、この人たちは、どこに帰って、どんな生活をするのかを想像するのが大事なんですよ!僕がすごい興味あるのは、八村塁選手で話題のベナン!今グーグルマップがあれば、すぐ調べられますから!」

オリンピック中に気になった選手、気になった国を覚えておいて、終了後も追いかけることでロスにならないのだそう。

2.ユーチューバーになるぞ!

「誰しもできる、自己表現の場所だと思うんですよ!」

とテリーはYouTubeの良さを語り、何でもいいから、思っていることを発信することで、自分と世間の交流につながると助言。

3.自分と10歳差の友人を作る

「仕事関係ではなく、友人として、歳が離れている人と友達になることは凄い大事なんですよ!意外と出来にくいんですけど、刺激なんかなくても、会話だけでいいですし!答えを求めなくていいんです!」

4.新しい歌を覚える、そして歌えるようになる

「カラオケでもいいから歌えるようにならないと!そこまでやらないとダメですね!」

と熱く語るテリー。勉強と一緒で覚えるのは大変だが、流行りの曲を覚えることで、感じ取るものがあるのではないかと提言。具体例として、テリーはあいみょんの歌詞をあげ、絶賛した!

5.誰のように生きるかを心で決める

「それぞれ自分の中で、言わなくてもいいから、いればいいんです!自分の人生の中で置き換えるのが大事!」

テリーは誰の生き方を大切にしているかについて、映画の中の無責任っぽい植木等さんと、映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のお父さんだと明かした。

6.甘いものを控える

「疲れた時とか、寂しい時って、甘いものを食べがちなんですけど、あまり甘いものに身を委ねちゃうと心も体もあまり良くないんで!そうするとオリンピックロスに勝てません!」

寂しいから甘いものを食べるのではなく、本当に食べたい時だけ食べるのが良いと語った。

あなたもテリー伊藤が提言する“オリンピック後の生き方”を実践して、オリンピックロスに備えてみてはいかがだろうか。

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top