ときめきを失わないために、減点法ではなく加点法の考え方を

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」

ときめきがない、ときめかないという人の共通点の1つに、“相手を減点法で見ているから”というものがあるそうです。例えば独身の方の場合、恋愛や結婚相手に対して“自分なりの理想像”を持つのは自然なことです。

ところがその理想像にこだわり過ぎると、相手の方に対してちょっとでも「違う」と感じることがあると、“マイナス何点”といったように減点してしまうそうです。そうなると、最後は0点になってしまいますよね。

もちろん価値観の違いは大切ですが、相手のいい所を見つけて点数をプラスして行くことで、ときめきが生まれるのだそうです。

夫婦の場合でも長年一緒に生活していると、「こういうところがイヤ!」「こういうところを直して欲しい!」といったように、お互いのマイナス面ばかりに目が行ってしまうことがあります。新婚時代を100点としたら、年数が経つにつれてどんどん点数が減ってしまい、最後には0点になってしまいます。

そうならないように、ときには「こういうところがイイ!」とか、「ここに惹かれて好きになった!」といったように、相手のいい部分に目を向けることが必要だそうです。

そうやって“減点法”ではなく、点数をプラスする“加点法”で考えることができれば、夫婦の間でもときめきが戻ることがあるそうです。

 

■杏樹の感想

今回のテーマは、私がスタッフの方に「ときめきの心理が知りたいです!」と言ったのがキッカケです。以前から「どうしてときめくのだろう?」と、ずっと気になっていました。

ときめきはいいですね。ときめいている自分を愛おしく感じることもあります。これからもときめきを持ち続けて、心を動かし続けられるようにしたいです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top