アイドルユニット・いぎなり東北産、ユニークな名前は「“いきなり”ではなくベリーです!」

By -  公開:  更新:

11月26日(火)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、8thシングル『No Make』を11月23日(土)にリリースしたアイドルユニットのいぎなり東北産が出演し、ユニット名にある“いぎなり”の意味について説明した。

2020年1月19日(日)に、『ミューコミプラス』とスターダストプラネットがコラボするアイドルフェス『ミューコミプラスpresents スタプラアイドルフェスティバル ~今宵、シンデレラが決まる~』に出演する、いぎなり東北産。東北地方出身のメンバーによる9人組ユニットだが、ユニット名の“いぎなり”は、ある意味を持つ方言なのだという。

吉田尚記アナウンサー:いぎなり東北産ってどんなユニットなんですか?

安杜羽加:いぎなり東北産は、東北を中心に活動しているグループなんですけど、みんな身長も高くて目力もあって。“圧”があるんですよね。あ、訛っちゃった……

吉田:あ、訛りってみなさん普段はあるんですか?

安杜:私、訛ってます?

吉田:いや全然! そもそも、いぎなり東北産の“いぎなり”というのは?

安杜:(宮城県の方言で)「すごい」とか「とても」という意味です。“いきなり”の訛りとかではなくて、そういう言葉があるんですよ

律月ひかる:ベリーです!

吉田:なるほど!

“いぎなり”を「べリーです!」と表現した律月は、自身を“うさぎ天使魔法少女”と自己紹介してMCの吉田を驚かせるなど、この日の放送には9人全員のメンバーが出演し、それぞれの趣味や個性について賑やかに語った。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」


Page top