菅田将暉「今年はやりません!」 2年前のアカデミー賞授賞式で見せた“てやんでえサービス”

By -  公開:  更新:

1月20日(月)深夜、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)が放送。「第43回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞を受賞した菅田が、受賞の喜びを語るとともに、2年前の授賞式で話題になった“てやんでえポーズ”についても言及した。

2019年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する「第43回日本アカデミー賞」で、菅田は映画「アルキメデスの大戦」にて優秀主演男優賞を受賞。

ラジオでも日本アカデミー賞を話題に「本当にどうもありがとうございます、いやホントうれしいです」と感謝を述べ、受賞したことについて「『アルキメデスの大戦』で受賞しましたが、これに関しては驚いたというか、まじですか!? っていう感じでした。賞を頂けるなんて……っていう感じでした」と、思ってもいなかった朗報だったと明かした。続けて、「菅田将暉、好きな言葉は“総なめ”。取れるものは全部取るのが信条。いいの? 今年も頂きますよ(笑)」と冗談交じりに、3月6日に発表される最優秀主演男優賞への意気込みを語った。

2年前の2018年3月に行われた「第41回日本アカデミー賞」では、最優秀主演男優賞を受賞した菅田。この授賞式で、菅田は「ラジオリスナーだけがわかる合図として、“てやんでえ”ポーズをする」という公約を実行。この様子がちょうどカメラにも抜かれ、「ファンへの思いやりが素晴らしい」と話題になっていた。

しかし、今度行われる授賞式では“てやんでえサービス”はしないと、明言した。

「2年前、『てやんでえをやる』という謎の指令がこの番組のリスナーから課せられて行ったわけですが、今年はもう、そういうのはやりません! なんだろう、あの頃の僕は若かった(笑)。若かったし、何も知らなかった。でももう、今の菅田は失うものが多すぎるんです。だから期待しないでください。

当時、僕は本当によく分からずにあの場にいたし、(最優秀主演男優賞を)取れるとも思っていなかったんです。しかもあの日、トイレへ行く為に一度会場を出て、もう一度入ろうと戻ったらパスを確認さたからね。そんな人が取れるわけないやん! って、自分でいじっていたようなレベル。だから、他のことで結果というか爪痕を残そうと思ってしまっていたんです(笑)。

でも、僕はもう知ってしまったから。あんな神聖な場で、他の事に労力は使ってはいけない! と思ったの。だから今回は期待しないでください、本当に。真面目にいきますよ」

授賞式では他のことは持ち込まないと語った菅田。また、ラジオリスナーに向けて「授賞式は見なくて大丈夫です。君達は粗探ししかしないから。家でゲームしてなさい!」と釘をさし、ラジオの悪ノリには乗らないと宣言した。

番組情報

菅田将暉のオールナイトニッポン

毎週月曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

映画・ドラマ・CM、そして歌手としても活躍する菅田将暉」が、毎週月曜日のオールナイトニッポンで2時間トーク!メールは毎週様々なテーマでお待ちしています。
★3月23日(月)の放送には、ゲストとしてKing Gnu・井口理が生出演します。

Page top