広末涼子~震災を経験して心に決めた“女優という仕事”

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、女優の広末涼子が出演。女優という仕事について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは女優の広末涼子さんです。公開中の映画『噓八百 京町ロワイヤル』。涼子ちゃんは謎の美しきマドンナを演じられています。

広末)ありがとうございます。

黒木)これまで着物のイメージがなかったのですが、「あぁ、似合うんだ」と思いました。その後に、あまり詳しくは説明できませんが、貴一くんと蔵之介さんが涼子ちゃんを見つけるとき、白い洋服を着てハイスピードで通り過ぎて行くじゃないですか。綺麗でしたね。

広末)ありがとうございます。嬉しいです、黒木さんに言ってもらえて。

黒木)謎の女性に2人が唖然としていましたよね。

広末)全然雰囲気の違う再登場だったので。

黒木)全然違う役というのも面白い。これからいろいろな役を演じられると思いますが、女優としての仕事の向き合い方はどうですか?

広末)年齢で随分変わって来ましたね。とにかく小さいころからの夢だったので、それが叶って、10代は見るもの聞くものすべて吸収したくて走っていました。20代になって、好きで続けられているということは天職かなと思ったりもしました。そこから震災を経験して、私は社会に対して何ができるのだろうと思ったのですね。そして、それは芝居、女優さんだろうと。私にとってこのお仕事は一生ものだなと感じたのは、実は最近ですね。

黒木)最近ですか。でも、素敵なお話ですね。

広末)若いときは何にでもなれると思っていたし、女優という仕事に縛られたくないという思いもありましたが、これ以上のものは見つからないなと思えるようになったことが、自分の成長でもあるのでしょうか。

黒木)30代でそういうことを思えるというのは、素敵なことですよね。

広末)そうですね。

黒木)使命という言葉をお使いになったけれど、エンターテインメントの世界にいると、みなさまが我々を見ていただいて、作品を見ていただいて、笑顔になったり、元気になられたりするではないですか。それで逆にエネルギーをいただくのですね。そういう相乗効果がありますよね。

広末)家庭を持つまでは、私のなかでは仕事がすべてだったのだと思います。気が付いたら女優さんであることや、作品が自分の存在価値だと思うようになってしまっていて、それ以外のことに意味を見い出すことができなかった。不安でしかたなかったですね。家庭も持って、仕事以外の自分の場所ができたのです。家庭を持って生活をすることによって、季節を感じられたり、生きていると感じられて、いい意味で仕事が自分の一部になりました。落ち込むことも少なくなりました。切り替えられるようになったのかな。

ニッポン放送「あさナビ」

広末涼子(ひろすえ・りょうこ)/女優

■1980年、高知県高知市出身。
■1994年、中学2年生のときにCMオーディションに優勝して芸能界デビュー。その後、数々のCMに出演して社会現象ともいえる人気を獲得。
■1997年、映画『20世紀ノスタルジア』で映画初主演。
■1999年、映画『秘密』『鉄道員』に出演。日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。
■2008年、映画『おくりびと』に出演。日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。

中井貴一・佐々木蔵之介W主演の『嘘八百 京町ロワイヤル』(公開中)に出演。
※大物狙いで空振りばかりの目利き古美術商(中井貴一)と、腕は立つのに落ちぶれくすぶっていた陶芸家(佐々木蔵之介)がタッグを組む「開運お宝コメディ」。
※2018年に公開された『嘘八百』の続編・第2弾。
※広末さんは、再会した2人と幻の茶器に深くかかわる京都の着物美人・志野を演じる。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳


Page top