広末涼子が『噓八百 京町ロワイヤル』で共演した中井貴一と佐々木蔵之介に“モノ申したいこと”

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、女優の広末涼子が出演。公開中の映画『噓八百 京町ロワイヤル』で共演した役者について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは女優の広末涼子さんです。

黒木)最初の涼子ちゃんの舞台、つかこうへいさんの『幕末純情伝』を観させていただきましたが、「舞台も堂々とやるんだ」と頼もしく思いました。

広末)楽しかったのですが、やはり緊張しますね。テレビや映画での演技はカメラ前なので、お客さんの前でお芝居をするということが、まだまだ場数が足りなくて。いい刺激をいただいたり、感動をいただいたり、自分も勉強になったりと、舞台は毎回修行な感じですね。

黒木)そうですよね。カメラの前だと緊張しないけれど、お客様の前でのライブは緊張しますよね。今回の映画『噓八百 京町ロワイヤル』では、舞台挨拶もありましたが。

広末)映画は撮り切った段階で、自分のなかでは巣立っている感じなので、舞台挨拶のときは感謝の気持ちと嬉しい気持ちでいっぱいになります。

黒木)そうですね。映画はお客様が育ててくださるから。

広末)だから緊張もしないし、随分気が楽で、楽しい。

黒木)ご一緒した中井貴一さんと佐々木蔵之介さんに、何かモノ申したいことはありますか?

広末)とにかくお2人がセリフもお芝居も完璧な形で現場に挑まれるので、私も緊張感を持って頑張れて、それは大事なことだと思うのですが、もうちょっと隙をください。すごい緊張感でした。

黒木)役者の方って本当に真面目だから。

広末)そうですよね。きっと努力されているのに、見せない。

黒木)水面下でね。でも作品は“お宝コメディ”というくくりなのですね。痛快ですよね。

広末)なかなか笑えると思います。

黒木)見終わったあとにまたちょっと笑えるしね。息子役の方も可愛い。

広末)独特の可愛さがありましたね。不思議な子でした。NGを出しても動じずに、「すんまへん」と言っている彼を見て、貴一さんが「これは大物になるな」と言っていました。いわゆる「ザ・子役」の子ではないタイプの子です。

黒木)そういう個性が出ていましたよね。

広末)すごく可愛かったです。子どもと動物には勝てないですね。

黒木)いやいや、勝たなくていいから。

広末)想像のつかないお芝居というか、お芝居ではないような形で来る感覚が、毎回楽しいですね。

黒木)でも涼子ちゃんもデビューのときは、大人の人たちがそう思っていたわけですから。

広末)そういうことか。

ニッポン放送「あさナビ」

広末涼子(ひろすえ・りょうこ)/女優

■1980年、高知県高知市出身。
■1994年、中学2年生のときにCMオーディションに優勝して芸能界デビュー。その後、数々のCMに出演して社会現象ともいえる人気を獲得。
■1997年、映画『20世紀ノスタルジア』で映画初主演。
■1999年、映画『秘密』『鉄道員』に出演。日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。
■2008年、映画『おくりびと』に出演。日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。

中井貴一・佐々木蔵之介W主演の『嘘八百 京町ロワイヤル』(公開中)に出演。
※大物狙いで空振りばかりの目利き古美術商(中井貴一)と、腕は立つのに落ちぶれくすぶっていた陶芸家(佐々木蔵之介)がタッグを組む「開運お宝コメディ」。
※2018年に公開された『嘘八百』の続編・第2弾。
※広末さんは、再会した2人と幻の茶器に深くかかわる京都の着物美人・志野を演じる。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top