小柳ゆき「記憶を消してますね」 20年間で一番緊張した仕事

By -  公開:  更新:

歌手の小柳ゆきが、ニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」に出演し、デビュー20周年に際して、これまでで最も緊張した仕事を語った。

1999年に現役高校生シンガーとして「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」でデビューした小柳。当時を振り返り、「大人に見られたくて、化粧をわざと濃くしたり、武装してましたね(笑)」と高校生ならではの思い出を明かした。なお、現在もパフォーマンスを発揮しやすくするため、歌うときは濃いメイクで臨んでいるという。

昨年でデビュー20周年を迎えた小柳は、過去に歌手活動を一時休業してロンドンへ渡ったエピソードなどを回顧。そんな20年間を振り返る中でも、最も緊張した仕事があったという。

昇太:テレビの企画で、小学生の前で授業をしたんですか?

小柳:そうなんですよ。緊張しましたね! ざっくりと「歌を教えてやってくれ」みたいな感じで言われて。

昇太:またざっくりだな~(笑)。

小柳:だから、どこから入ろうって思って、身体を動かすところからとか、そういうのを考えたりしたんですけど、とにかく小学生たちがついてこなくて(笑)。大変でしたね! 難しいなと。

昇太:それは普通の小学校のクラスに行って? 選ばれた子?

小柳:いや、山の中の学校とかで、人数がそんなに多くなくて、体育館で全校生徒に教えるみたいな感じだったんですよね。

乾:なんの歌を教えたんですか? 童謡とかじゃなくて?

小柳:なんか歌を教えたというよりかは……あれ、どうしたんだっけ。記憶を消してますね(笑)。

昇太:よっぽど緊張してたんですね(笑)。きっと、小学生たちも緊張してたんですよ。

小学生に歌を教える企画で、当時の緊張からか記憶が飛んでしまっていたという小柳であった。

(ニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」7月8日放送分より)

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!

Page top