巨人・原監督が語る日本シリーズ対策「ギャフンと言わせます!」

By -  公開:  更新:

リーグ優勝目前のプロ野球・巨人の原辰徳監督が、日本シリーズついて語った。

10月19日(月)~23日(金)の5日間、毎日17時30分からの「ニッポン放送ショウアップナイター」では、プロ野球解説者の江本孟紀がインタビュアーを務める巨人軍・原辰徳監督の独占インタビューを放送。5日目の23日のインタビューでは、日本シリーズを見据えた対策について語られた。

江本:これだけ差がつくとね、やっぱりちょっと油断することも出てくるんで。短期決戦の日本シリーズとかになると、作戦的にもね、いろいろ考えなきゃいかんと思うんですが、そのへんはどうですか、もう対策はぼちぼち。

原:日本シリーズの場合は短期決戦ですから……短期決戦の場合っていうのはやっぱりスターティングオーダーというのは、やっぱりある程度決まった状態で、1戦目、2戦目、臨みたいと。そういう中において例えば、流れが変わって、ちょっと変えなきゃいけないっていうときには、オーダー動かすことがあっていいと思うんですけど、やっぱりペナントレースのときよりも、ある程度自分のチームの形というものを固めた状態で臨みたいと。

江本:なるほどね。

原:去年はやっぱりそこの部分がなかなかできなかったっていうのがあるんですね。今年の場合は日本シリーズだけ、4つ勝つことが勝負ですから、そこは集中して、私自身が間違わなければと思っています。

~~~

江本:もう、目標は最後に日本一ですから。

原:そうですね。

江本:ぜひともですね、この勢いでびしっと!

原:パ・リーグはどこが来るんですか。

江本:パ・リーグはね……腹立つでしょ、だって「実力のパ」とか言われて。「パ・リーグのほうが上だ」とか言われて。冗談じゃない(笑)

原:ほんと、そうですね(笑)

江本:だから、ぜひともギャフンと言わせてもらって、頑張ってもらいたいです。

原:ギャフンと言わせます!

江本:ギャフンと言わせてください。ひとつよろしくお願いします。

原:はい!

Page top