伊藤蘭~夫・水谷豊との“夫婦円満の秘訣”

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に歌手で女優の伊藤蘭が出演。俳優の水谷豊と結婚して31年。水谷豊との夫婦円満の秘訣を語った。

伊藤蘭

黒木)今週のゲストは歌手で女優の伊藤蘭さんです。きょうは少しプライベートなお話を伺いたいと思いますけれども、お嬢様の趣里さんは女優をやっていらっしゃいます。

伊藤)20歳でデビューしまして、30歳になりました。あっという間です。

黒木)結婚されて、31年。

伊藤)31年くらい経っていますね。

黒木)夫婦円満の秘訣は何ですか? よく聞かれるとは思いますが。

伊藤)お互いに、「ここからは踏み入れない世界」というのを感じているのだと思います。

黒木)でも、同業者ですよね。

伊藤)だからこそ、というのですかね。私は俳優としての水谷豊さんを尊敬していますし、お互いに「口出しできないエリア」というのをわかっているのではないかと思うのですよね。

黒木)ということは仕事の話はしないで、本当にプライベート、日常のことでお話をする。

伊藤)そうですね。仕事の話もすることはありますけれども、信頼しているということなのですかね。仕事ぶりも、人となりも含めて。だから、そんなに言うことがないというか。

黒木)喧嘩はなさるのですか?

伊藤)ほとんどないですね。お互いにそういう嫌な空気になるのが苦手で。

黒木)31年間で1度もないのですか?

伊藤)そうですね。機嫌が悪いとか、そういうことは普通にあると思うのですけれども。

黒木)具合が悪いとか、疲れているとか、いろいろありますものね。

伊藤)ありますからね。しかし、だからと言って険悪な空気になったり、言い合いになったりすることはないのですよ。

黒木)信じられない。

伊藤)黒木さんは?

黒木)最近でこそないですけれども、「バトル、バトル、バトル」という……。力の限り闘いますよ。

伊藤)素敵なお話。それはそれでいいですね。原因はどういうことなのですか?

黒木)それが覚えていないのですよ。

伊藤)やはり。

黒木)覚えていないのですが、2人とも理詰めで闘うのですよ。

伊藤)なるほど(笑)。どちらが勝利するのですか?

黒木)勝利がないのです。次の日になると「おはよう」で終わるのです。

伊藤)それはそれで仲のよさが伝わって来ます。

黒木)そう言っていただけてありがとうございます。喧嘩をしない秘訣を教えていただけますか?

伊藤)秘訣ですか。「嫌だな」と思うところがないですよ。

黒木)ということは、「嫌だ」と思うことが、私たちにはあるということですね。「どうしてこうしないの」とか、「どうしてこうなるの」とか、日常生活のなかでありますよね。そういうことはないのですか?

伊藤)そうですね。ちょこちょこ言っているのかな。あまり真剣に受け止めてもらえないのですかね。

黒木)お互いに?

伊藤)はい。

黒木)よほど相性がいいのですね。

伊藤)やはり相性だと思います。

黒木)そして、信頼関係と、尊敬と。理想の夫婦ですね。

伊藤)この年代になって、「毎日この人と一緒にいるのは嫌だ」と思いながら暮らすほど辛いものはないですよね。

伊藤蘭

伊藤蘭(いとう・らん)/歌手・女優

■1973年、「キャンディーズ」のメンバーとして歌手デビュー。
■5枚目のシングル「年下の男の子」が初のヒットとなってからは人気沸騰。「春一番」「やさしい悪魔」などヒット曲を連発。
■1977年7月に解散宣言。1978年4月に後楽園球場でファイナルライブを開催。
■1980年、映画『ヒポクラテスたち』に主演。女優として芸能界に復帰。以降、映画・ドラマ・舞台など数々の作品に出演。
■2019年5月・歌手としてソロデビュー。アルバム「My Bouquet(マイ・ブーケ)」をリリース。41年ぶりに音楽活動を再開し、『伊藤蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019』を開催。
■2020年2月からは『伊藤蘭コンサート・ツアー2020~My Bouquet&My Dear Candies!~」を開催(*一部公演は新型コロナウイルスの影響で中止)。
■2020年10月24日・25日「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」で行われたコンサートで初披露された新曲「恋するリボルバー」が、ソロ・アーティスト・伊藤蘭の初シングルとして12月9日に配信リリースされた。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳


Page top