「1か月で緊急事態宣言解除は難しいのでは」森田豊医師がコロナの“今後”を解説

By -  公開:  更新:

政府は1月7日、1都3県に対し緊急事態宣言を発出(13日には7府県を追加)。週末の人出も減ってはいるものの、1回目(昨春)の緊急事態宣言の際と比べると増えている。果たしてどのように対応すればよいのか。医師で医療ジャーナリストの森田豊が1月11日、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演し、回答した。

東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県を対象に緊急事態宣言が発令された。通勤時間帯で混雑する品川駅=2021年1月8日午前、東京都港区 写真提供:産経新聞社

Q、1か月で緊急事態宣言が解除になるまで感染拡大を抑えられそう?

正直、ブレーキが弱すぎる印象を受けますね。ここ数日の都民の行動などを観察していると、1か月で宣言解除というのは難しいかなと思いますよね。よほどこれから気を引き締めるとか人と人との接触を避けるような厳格な行動をしてかないと、今のこの決め事だと難しいような気がしますよね。

Q、変異ウイルス流行のイギリスはロックダウン、南アフリカやブラジルでは新たな変異ウイルスが見つかったと報道があるが……

まだ死亡率、重症化率が高まるといった報告はないのですが、注目しておかないといけない。感染力は1.5倍〜1.7倍。また、子供にも感染しやすいと言われています。これが日本でもっと蔓延してしまうと休校措置などもしないといけないのかなと思いますね。

Q、東京の感染者数は2,000人台が続いているが、PCR検査をすればもっと増える?

もっともっといると思います。

Q、ワクチンは変異ウイルスに効果はある?

現在の変異株に関しては有効だろうと報告されていて、仮に変異を起こしたとしてもファイザー社らは6週間以内には変異に特化したワクチンを開発可能と言っています。ただどれくらい変異するかにもよりますよね

Q、ウイルスはどんどん変異する?

本当に1週間単位で変異を繰り返しているんですが、今回のイギリスの変異株は20数塩基の変異ということなので、かなり感染力も強いというのは間違いないということですね。

Q、コロナワクチンの効果は?

ワクチンの中では効果があると言われています。例えばインフルエンザのワクチンの効果が50%とすると。今回の新型コロナのワクチンは95%。ワクチンの中では比較的評価が高いものでありますね。ただアナフィラキシーショックなどが、アレルギー体質の方に出ていますので、その辺は打っていい人、わるい人というのをきちんと区別していかないと、副反応が心配なこともある。

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top