水戸市長、“クラブハウス”で市民向けトークも聴取は50人……「真面目に仕事を!」辛坊治郎がツールの選択に異議

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎氏が2月10日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。水戸市長が“音声版SNS”「クラブハウス(Clubhouse)」を使って市民向けに発信をしたことについて異議を唱えた。

音声のSNSアプリ「クラブハウス」のアプリアイコン(共同) 写真提供:共同通信社水戸市の高橋靖市長は2月9日、リアルタイム音声アプリ「クラブハウス」を使って市民向けのトークを行った。ワクチン接種や補正予算など、記者会見の内容について話したそうだ。1時間ほどでおよそ50人が耳を傾けたそうだ。

辛坊)9日、専門家を呼んで散々お伝えした音声アプリの「クラブハウス」を使って水戸市の市長が市民向けのトークを行ったって、聞いた人は50人って。だって、「クラブハウス」ってマックスでも最大5000人までしか聞けないわけで、その状況のなかで、もし市長が広報のツールとして使おうとしているのなら、「真面目に仕事しろよ、コラ」っていう話だけれども。

まあそれだけで広報をしようっていう話でもないだろうから、一言これについて言える話があるとするならば、「水戸市の市長ってヒマなんだな」って。純粋にそういうことだよね。物事をちゃんと市民に伝えようと思うんだったら別のツールを使わないと。

増山さやかアナウンサー)そういう意見もあったそうですね。アイフォーン(iPhone)にしか伝えることができないですしね。

辛坊)アイフォーン持っていて、なおかつアプリが入っていないとダメなんでしょう。私なんか、友だちいないから永遠に招待されませんから。

増山)同じくです。

辛坊)いや、増山さんはそんなことないでしょう。

増山)いや、同じくですよ。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

太平洋横断にチャレンジする、辛坊治郎の帰りを待ちながら、期間未定で日替わり助っ人パーソナリティがいま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組。
[パーソナリティ]月曜:立川志らく/火曜:週替わり/水曜:吉田尚記アナウンサー/木曜:飯田浩司アナウンサー
[アシスタント]増山さやかアナウンサー


Page top